L→R イワオリク(Ba&Cho)、ヤマグチユウモリ(Gu&Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr&Cho)

L→R イワオリク(Ba&Cho)、ヤマグチユウモリ(Gu&Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr&Cho)

【SIX LOUNGE インタビュー】
燃え切れなかった自分に
新しい火を点ける

大分発の若き3ピースバンド、SIX LOUNGEがミニアルバム『ヴィーナス』を完成させた。骨太なロックに伸びやかな歌声と咀嚼したくなる歌詞が乗った楽曲たちからは、遥かなる可能性を感じる。聴き逃さないでほしい。

4月にミニアルバム『夢うつつ』をリリースしたばかりじゃないですか。ペースが早いと思ったんですけど。

ヤマグチ
近々に作って、すぐレコーディングしました。自分たちでも“すげぇ早いな”とは思ったけど(笑)。

『ヴィーナス』を聴かせていただいて、“青”という言葉が曲名や歌詞の中に多いと思ったんですね。作詞しているナガマツさんとしてはそういったイメージはありましたか?

ナガマツ
作っている時に薄っすらと青…ブルーっていうイメージがあって。そういうコンセプトだったわけじゃないんですけど。最初「憂鬱なブルー」だけができていて、結構気に入ってたんです。憂鬱な感情をブルーっていうふうに置き換えて歌詞を書いたりしていました。

そして、“終わり”“死”を想起させられる描写も目立っています。これはSIX LOUNGEとして表現したいことだったりするのでしょうか?

ナガマツ
もともとそんなに重い感じは好きじゃないんです。だから、書こうとは思っていないんですけど、今回振り返ったら、確かにそういう曲もあるといえばあるかな。

「憂鬱なブルー」も最後は《朝を待つ》で終わるわけですもんね。でも、“遺骨”や“残骸”といったショッキングな言葉も出てきますが、この意図っていうのは?

ナガマツ
“遺骨”という歌詞がある「ラストシーン」は死とかではなく、自分らやお客さんに対しての曲なんです。“遺骨”は昨日までの燃え切れなかった自分に、また新しい火を点けて先を見るみたいなイメージで書きました。

なるほど。直接的な死のメタファーとしてではなく、そういった意味で使った言葉であると。

ナガマツ
はい。言葉を選ぶ時に“遺骨”や“残骸”みたいな、あまり歌詞で選ばないような言葉が出てくるっていう。

イワオさんは今回の曲に対してどんなイメージを持っていますか?

イワオ
曲によってそれぞれですけど、メロウな感じ、分かりやすい感じがあるなって。たぶん、ユウモリが今聴いている音楽の影響が出てるんだろうなって思います。

作曲者のヤマグチさん、そう言われてみてどうですか?

ヤマグチ
影響はバチバチに出ますね。でも、これを作った時に何を聴いていたか覚えていないんです(苦笑)。今回、歌詞に関してはまとまっている感じがありますけど、曲はバラバラな印象があって。いろんな音楽を聴いていたんでしょうね、当時の彼は(笑)。

長さひとつとっても6分の曲から1分に満たない曲まであるわけですもんね。

ヤマグチ
今回、そんな長い曲あったっけ?

「憂鬱なブルー」は6分を越えていますよ。

ヤマグチ
そんなに!? でも、最初はもっと長かったんです。削って削ってこれになったので。

そうなんですね。長い曲を作るのは得意ですか?

ヤマグチ
いろんなメロディーをつなげちゃうから“もう1曲できるんじゃないの?”って言われるんですけど(笑)、こういう作り方が癖なんですよね。

つながっているっていうところで言うと、「MARIA」は終盤まで歌いっぱなしですよね!

ヤマグチ
まだあんまりスタジオで合わせてないんですけど、ライヴでは後半が辛いかもしれません(笑)。結構メロディーを詰め込んじゃうんですよね。これはこれで良かったとは思いますけど。ギターソロもあとから付けたんです。

また、先ほどナガマツさんは“そんなに重い感じは好きじゃない”とおっしゃっていましたが、曲に関してもそういうところを考えていますか?

ヤマグチ
「MARIA」はそうですね。始まりはマイナーな進行ですけど、最後はどメジャーで終わるんです。暗いだけじゃない曲、トンネルを抜ける感じの曲にしたかったから。

こうして詰め込んでいる曲が多い一方で、「ピアシング」は1分弱という。

ヤマグチ
これを作ったのは最近なんですけど…“1曲足らないなって”ことで(笑)。ずっとショートチューンが欲しかったっていうのもあったので、このタイミングだ!って。

そうなんですね。「青に捧ぐ」のゆったりとしたリズムのロマンティックな曲調も印象的でした。

ヤマグチ
自分たちの曲の中にこのリズムがなかったんですよね。だから、こういう曲が欲しいなと思って作ったんです。

弾いてみて新鮮でしたか?

イワオ
はい。今までない感じですし、ライヴでやってみたいですね。

先ほどから話にも出てきている「憂鬱なブルー」もゆっくりした曲ですよね。より壮大ですが。

ヤマグチ
そうですね。バン!じゃなく、バーーン!みたいなイメージがありました(笑)。フェードアウトで終わっていくのも楽しかったです。でかい音で何でもあり!みたいな感じでギターを入れまくったので。ライヴでも遊べそうで楽しみですね。これをやってみてゆっくりな曲もいいなと思ったので、今作ってます。

も、もうですか!? 最近まで今作を制作していたのに。

ナガマツ
もう6曲くらいできてますね。
ヤマグチ
追い込まれないとできないタイプではあるんですけど、曲作りは好きなんで苦じゃないんですよね。

じゃあ、次作を占うためにヤマグチさんが今聴いている音楽を教えてもらって締め括りましょうか。

ヤマグチ
日本のオルタナです。bloodthirsty butchersやeastern youth、あとGRAPEVINEとか。これまで聴いていなかったんですけど、感動しましたね。

取材:高橋美穂

ミニアルバム『ヴィーナス』2018年10月17日発売 ZEN MUSIC
    • 【初回盤(DVD付)】
    • UPCH-7462 ¥2,750(税抜)
    • 【通常盤】
    • UPCH-2176 ¥1,800(税抜)

『SIX LOUNGE ONEMAN TOUR “LOVE"2018〜2019』

12/08(土) 福岡・BEAT STATION
12/13(木) 大阪・umeda TRAD
12/14(金) 愛知・APOLLO BASE
12/16(日) 北海道・札幌BESSIE HALL
[ 2019年 ]
1/11(金) 宮城・仙台MACANA
1/13(日) 新潟・CLUB RIVERST
1/18(金) 岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
1/19(土) 香川・高松MONSTER
1/25(金) 広島・SECOND CRUTCH
1/31(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
2/03(日) 大分・T.O.P.S Bitts HALL

SIX LOUNGE プロフィール

シックスラウンジ:写真左より、イワオリク(Ba&Cho)、ヤマグチユウモリ(Gu&Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr&Cho)。2012年に結成された大分発の日本語ロックンロールバンド。THE NINTH APOLLOからのCDリリースを経て、18年4月にミニアルバム『夢うつつ』でメジャー移籍。『SIX LOUNGE TOUR 2018"夢うつつ”』も各会場ソールドアウト続出。夏フェスも『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018』ほか多数出演。SIX LOUNGE オフィシャルHP

L→R イワオリク(Ba&Cho)、ヤマグチユウモリ(Gu&Vo)、ナガマツシンタロウ(Dr&Cho)
ミニアルバム『ヴィーナス』【初回盤(DVD付)】
ミニアルバム『ヴィーナス』【通常盤】

「ピアシング」MV

「ラストシーン」MV Short Ver.

ミニアルバム『ヴィーナス』
ダイジェスト

「ふたりでこのまま」ライヴ映像
(初回盤DVD収録)

ミニアルバム『ヴィーナス』
初回盤DVDダイジェスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着