「無印良品 銀座」日本初MUJIホテル
&食堂 - 衣食住が揃う世界旗艦店、焼
きたてパンや有機野菜も

無印良品を展開する良品計画は、日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」、および飲食業態「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店「無印良品 銀座」を、2019年4月4日(木)に開業。なお、同施設は「読売並木通りビル」内に位置する。
人と社会、人と自然をつなぐ存在でありたいと、これまで私たちの生活に寄りそうモノとサービスを提供してきた無印良品。そんな想いを最大限に表現する場が、新たにオープンする「無印良品 銀座」だ。
ここでは、衣食住の中でも、人が生活するうえで、密接にかかわる“食”に関する商品・サービスをこれまで以上に拡大して、食べ物と人との関係を再度見つめなおすきっかけとなることを目指す。
1階には、関東近県の農家を中心とした全国から仕入れた、有機栽培や減農薬の野菜や果物などを常時30~50品揃える。ギフト向けアイテムや「溶けにくいアイス」などの先行販売アイテム、銀座限定の日替わり弁当も店頭に並ぶ。
また、季節の旬なフルーツや野菜を注文ごとにジュースにして販売する「ジューススタンド」、季節の食材を挟んだサンドイッチや毎朝店内で焼き上げた焼きたてパンを提供する「ベーカリー」、“リフレッシュ”“リラックス”など気分やシーンによってジャンル分けされた32種類のブレンドティーを量り売りで販売する「ブレンドティー工房」も導入される。
「ベーカリー」では朝の時間帯のみ、インターネットでの予約注文でスムーズに商品を受け取ることのできるモーニングコーヒーサービスを実施する。
地下1階では、“素の食”をテーマとするレストラン「MUJI Diner」を展開する。朝食時には、 作りたての豆乳がゆ、おにぎりとみそ汁、焼きたてのパンと目玉焼きなどの朝食セットを提供。「美味しい定食」をテーマとした昼食時には、毎朝小田原の漁港から届く鮮魚の日替わり定食を。そして夕食時は、小田原漁港から直送された魚介類や、産地まで足を運んで選んだ肉や野菜など、素材や鮮度にこだわった食事を用意する。
店内には「豆腐工房」が設置されており、「湯豆腐セット」では、できたての豆腐を楽しむことができる。産地から届く野菜を味わえるサラダバーは、時間にかかわらず全時間帯注文可能。旬野菜などを使用した一品料理を味わえるくつろぎの空間は、オフィスワーカーが1人で訪れる際にも、 家族や仲間とのグループで楽しむ際にも最適だ。
2階には、紳士・婦人のウエアと、「MUJI Labo」のアイテムを販売。限定アイテムとして、インドの伝統的な手紬手織りの「カディ」で仕立てた風合い豊かなイージーテーパードパンツや、染色・着色を施さず素材のナチュラルな色味を残した「疲れにくい撥水スニーカー」を展開する。
その他、浴衣や阿波しじら織の甚兵衛など涼感のあるウエアや、「MUJI Labo」の綿オックスフォードカーディガン、シャツなど、無印良品ならではのミニマルなデザインのアイテムを揃える。豊富な品揃えと、麻などこだわりの素材にフィーチャーしたユニークなディスプレイに注目したい。
3階にはインナーウエア、スキンケア、メイクアップ、ステーショナリー、自転車など生活に寄り添う雑貨類を幅広く取り揃える。旅行用品を取り扱う「MUJI to GO」では、銀座限定アイテムのスケルトンデザインのキャリーケースを販売。中身の構造がシースルーになっているが、中に入れた荷物は見えない仕様になっている。
ファッションと同様、コスメ類やステーショナリーも圧巻の品揃えとなっている。
4階には、「MUJI BOOKS」で本を買って読める他、カスタマイズを加えることで自分だけの1冊を作ることのできる「本の仕立てサービス」を、「デザイン工房」にて実施。インターネットで事前に注文することで、オリジナルの写真集を作ることができたり、子供の書いた絵などを店頭に持ち込み、その場で本に仕立てたりすることができる。その他「デザイン工房」では、26色の刺繍糸を用意。当日購入した商品に刺繍を施してもらうことも可能だ。
また、キッチングッズやリビング用品、子供服、「Found MUJI」も4階に登場。世界の日用品を紹介する「Found MUJI」ではエストニア・リトアニア・スペインからインスパイアされたかごを販売。多様な素材・フォルムのかごが集結している。
同フロアのイデー(IDÉE)では、オリジナル家具や雑貨、世界各地のテキスタイル、フォークアートなどを販売。銀座店オープンを記念して、二階堂明弘の陶磁器の限定販売や山口一郎のアートポスターの先行販売を行う。
ベッドルーム関連の商品や、収納家具、掃除用品、照明を取り扱う5階に設置されるのは「MUJI SUPPORT」。専門スタッフが在中し、くらしの中の困りごとに対応する。受け付ける相談内容は、睡眠に関する相談からオーダー家具/施工まで幅広い。また、ホーム関連の他、コーディネートや似合う色など、ファッションに関する相談は2・3階にて受け付けている。
6階では、複合的なデザイン文化の発信基地となる「ATELIER MUJI GINZA」をオープン。なかには、ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマから展示を企画する2つの「Gallery」、おいしいコーヒーやお酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、デザイン・アート関連の書籍を閲覧できる「Library」、トークイベントやワークショップを開催する「Lounge」といった5つのコーナーが設けられる。「Salon」のみ、朝10:00から深夜26:00まで営業。ホテルの宿泊者以外も利用が可能で、「Library」の本を手に取りながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。
「Gallery」では、「『変える。エンツォ・マーリと“栗の木プロジェクト”』展 ―永井敬二コレクションより―」を4月4日(木)から7月21日(日)まで、「言葉からはじまるデザイン 栗の木プロジェクト展」を4月4日(木)から6月23日(日)まで開催する。
「言葉からはじまるデザイン 栗の木プロジェクト展」では、多彩な地域、世代、職業の人が、短い言葉でデザインを表現した「デザインは( )。」のカードが、栗の木の苗のように群生している。中には、ミナ ペルホネン(minä perhonen)のデザイナー・皆川明や、デザイナーの原研哉、プロダクトデザイナーの深澤直人などの言葉も。デザインに対する様々な考え方が展示されており、「デザインとは何か」と自分自身で思い巡らせながら眺めてみると面白い。
日本初となる無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」が6階の一部〜10階フロアにオープン。「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、“ちょうど良い価格”で体と心を整える空間と宿泊客と土地をつなげるサービスの提供を目指す。
内装は木・石・土といった自然素材を中心に、50年前に東京を走っていた路面電車の敷石や、船の廃材なども素材として取り入れたくつろぎの空間。全79室の客室は、様々なタイプを用意。畳を入れた部屋や2段ベッドの部屋、3名や4名で宿泊できる部屋など、多彩なシーンに対応した宿泊スペースを展開する。また、6階のフロント横にはレストラン「WA」も併設される。
■無印良品 銀座開業日:2019年4月4日(木)住所:東京都中央区銀座3-3-5・フロア構成:地下1階~地上6階・レストラン:MUJI Diner 118席■MUJI HOTEL GINZA開業日:2019年4月4日(木)住所:東京都中央区銀座3-3-5宿泊予約:2019年3月20日(水)~MUJI HOTEL公式ウェブサイトで予約受付。客室構成:全79室、13.62平方メートル~51.62平方メートルフロア構成:6階の一部~10階価格:14,900円~55,900円(税、サービス料込み)※部屋タイプによって異なる。レストラン:レストラン「WA」51席(6階)営業時間:朝食 7:00~10:00(9:30 LO)、昼食 11:30~15:30(15:00 LO)/ 夕食 17:30~22:30(22:00 LO)<メニュー例>※大分県の料理は6月末までの提供予定。朝食:和食と洋食お好きなものをお好きなだけ 1,800円ランチ:お魚またはお肉のおぜん1,600円、大分のおぜん1,200円、ごまだしうどんセット1,000円、WAの鮨おぜん2,000円などディナー:とり天1,050円、季節の煮魚1,320円、和牛すきやき2,420円、飛騨高山コシヒカリの釜炊き(一合)880円など※価格はすべて税込み。■MUJI Diner(地下1階)営業時間:朝食 7:30 ~11:00(10:30 LO) / 昼食 11:00~15:00(14:30 LO) / 夕食 17:00~22:00(21:30 LO)席数:118席<メニュー例>朝食:おにぎりセット500円、トーストセット500円、湯豆腐セット1,000円など昼食:焼き魚定食800円、から揚げ定食800円、サラダバー500円夕食:自家製寄せ豆腐400円、早川漁港の魚の煮付け1,400円、宮崎ハーブ牛のサーロインステーキ2,500円※価格はすべて税込み。