映画『トラさん~僕が猫になったワケ
~』板羽皆の漫画を実写化 - キスマ
イ北山が猫に

原作・板羽皆、集英社『月刊YOU』に連載されて人気の漫画「トラさん」が実写化。映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』として2019年2月15日(金)に全国で公開される。
売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。ある日、競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、寿々男は残していなかった。取り残される嫁と娘。
寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決まるシステム。地獄行きかと思いきや、寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…
なんと『執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただしそれには条件があり、”猫”として。』…だった。猫の姿で妻・奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は…
普段は大切な人がそばにいる有難さ、生きていることの軌跡をなかなか感じないもの。そんな当たり前のことを、『トラさん~僕が猫になったワケ~』では描いていく。家族への想いをつなぎ、愛のカタチ。涙あり、笑いありの家族のストーリーだ。原作では、猫の表情がとても豊かに描かれているのでネコ好きにはたまらない映画になりそう。
トラさんこと高畑寿々男を演じるのはKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の北山宏光。映画の出演自体が初めて&さらに主演デビューを飾る。そして初の猫役に挑戦。北山は次のように話す。
「撮影初日からいきなり“猫"でした。実際に猫を演じてみると、寿々男であり猫であることの気持ちや感覚がリアルになってきて、もっとこんなこともできるのかな…と毎日色々と発見もあります。
猫を演じて、人を演じて、というのはなかなかないことなので(笑)、普段ではできないことをいっぱい詰め込めるので、この役にすごくやりがいを感じています。猫だから、猫なのに心は人だからこそできることがある。カットがかかって監督がくすりと笑ってくれると、密かに手ごたえを感じています。」
トラさんの妻である奈津子役に多部未華子。『つばさ』では連続テレビ小説の主演を務め、その後も以降、映画や舞台で大活躍。娘・実優には、子役で活躍中の平澤宏々路が演じる。これまで『貞子3D2』などに出演。10歳にして"存在感のある演技力"と言われている。
映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』
公開日:2019年2月15日(金)
原作:板羽 皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
出演:北山宏光(Kis-My-Ft2)、多部未華子、平澤宏々路
配給:ショウゲート
0コメント