L→R リウ(TALBO-2)、シャラク(VOICECODER)、フクスケ(TALBO-1)

L→R リウ(TALBO-2)、シャラク(VOICECODER)、フクスケ(TALBO-1)

【メトロノーム インタビュー】
二十周年のその先を見据えた
新しくて不思議な物語

メトロノームの奇妙で切なくもコミカルな世界に吸い込まれる二十周年第二弾『廿奇譚AHEAD』(ニジュウキタンアヘッド)が完成した。結成以来、初の試みにより制作されたアルバムについて3人に話をうかがってみるとーー。

結成二十周年記念アルバム『廿奇譚AHEAD』はポップでねじれていて切なくもコミカルで。ラストがシングル「弊帚トリムルティ」なのもエンディングに相応しいです。でも、コンセプトは話し合わないんですよね?

フクスケ
いつも話し合わないんですけど、今回は結成以来初めて最初にアルバムのタイトルを決めて、先に衣装も考えて、“こういう感じでいきたいんですけどどうでしょうか?”ってメンバーに伝えたんですよ。

“奇譚”は“珍しい話”や“不思議な話”という意味ですが、どんな想いを込めたタイトルなのですか?

フクスケ
意味はそのままなんですけど、二十周年のその先も僕たちの不思議な物語は続くよっていう。先を見据えたアルバムになればいいなと思ったので、そのコンセプトだけ伝えました。ビジュアルはスチームパンク風の衣装に自分たちのイメージカラーの黄色を混ぜてみた感じです。
リウ
今の自分たちにぴったりなタイトルだなと思いました。

リードトラック「血空」は疾走感とドラマ性がありつつ、喪失感が歌われている曲だなと感じました。

フクスケ
作詞作曲は僕なんですが、デモの時点ではもっと哀愁が漂う感じだったんですよ。リードトラックに決まったあとでサイレンの音を足したり、最初のメロディーを軍歌っぽい雰囲気にしたりして、未来に闘いに行くような勢いを出した曲です。歌詞は切ないけど、前向きに挑むイメージで作りました。

この曲のミュージックビデオはさびれた遊園地で撮影していますが、そういうイメージがあったのでしょうか?

フクスケ
撮影場所を決めた時にはまだ「血空」がリード曲になるか分からなかったんですよ。“昔は楽しかった場所”で撮りたくて廃遊園地にしたんですが、曲を作っている時からそのイメージが頭の中にあったので、自分の作った曲ならどの曲がリードになっても違和感はなかったと思います。
シャラク
ミュージックビデオと写真撮影を2日間かけて撮影したんですが、ロケ地に行って、ホテルに泊まって、また出かけるから映画の撮影をしている気持ちになりましたね。
リウ
天候も雨が降ったり晴れたり曇ったりでいろいろな絵が撮れたし、芸術性の高いものになったなと。

この曲から「不安の殿堂」へと移行する流れもいいですよね。《不安が不安で不安だ》って歌ってるけど、どこか笑える。

シャラク
ドタバタミュージカル映画が好きなので、そういうイメージで書きました。いろいろな登場人物が交互に歌う感じを出したくて歌い方を変えてみたりもして。

流れもいいから、あっと言う間に聴き終わってしまいますね。

リウ
前アルバムの『CONTINUE』を作り終わった時はこれ以上のものを作るのは難しいかなと思っていたんですけど、自分の想像を超えたものができましたね。曲調は広がったのに不思議とまとまっているのも、コンセプトが固まっていたからだと思います。
フクスケ
メンバーに“コンセプトに沿って曲を書いてくれよ”って言ったわけじゃないんですけどね。でも、先にタイトルがあるとまとまるんだなって。二十年目にしてやってみて“もっと早くやっとけばよかった!”と思いました(笑)。まぁ、再起動した今だからできたんでしょうけどね。ギターに関しては最近ちゃんと弾くというのがテーマなんですが(笑)、今回も「おやすみ世界」でギタリストらしいソロが弾けたし、「不安の殿堂」ではギターで面白い音も出せたので良かったですね。
リウ
ベースは今回、アップライトベースを弾いた曲が3曲あります。
シャラク
僕は個人的に前作までは再起動を待っていてくれた人が“メトロノームってこうだよね”って思うような曲を意識して作っていたんですけど、今回はその先に一歩踏み出してみました。今まで使わなかったビブラートを積極的に取り入れた曲もあるし、100バンドいたら100バンドが言ってますが、バラエティーに富んだアルバムになりました(笑)。

無力な自分に何ができるかなと歌うエレクトロポップな「主人公ルート」の主人公が、最後の「弊帚トリムルティ」でやるべきことを見つけたというとらえ方もできると思ったのですが。

シャラク
それだときれいな終わり方なんですけど、できた順番は逆なんですよ。だから、「弊帚トリムルティ」で“よし! 頑張ろう!”と思ったものの「主人公ルート」で“やっぱ、無理っす”ってなったのが実際のところです(笑)。

ははは。初回生産限定の2種類が豪華仕様なので、その内容についても教えてください。

フクスケ
まず“メト箱”のDVDには3人で20年を振り返ったトーク映像が入っています。90分を超えるって資料に書いてありますけど、実際には101分ぐらいしゃべってます(笑)。
シャラク
最初は30分の予定だったんですけど、10年ぐらい振り返ったところで1時間が経ってました(笑)。
フクスケ
あと、「弊帚トリムルティ」と「血空」のMVが収録されていますね。
リウ
YouTubeにはショートバージョンが公開されていますけど、フルで観ることができます。
フクスケ
もうひとつの“廿メト”には再録したベストアルバムが付いています。再起動する前に出したベスト盤はもう手に入らないので、今回はひとり5曲ずつ自分が作った曲を選んで収録しています。

では、最後に夏のツアー『メトロノーム結成20周年全国巡礼 ヤプー三神・巡礼[ 05→98→18迄-7=20 ]』について。

フクスケ
タイトルの“ヤプー三神・巡礼”はメトロノームが最初にやったツアーと同じなんですよ。原点回帰じゃないけど、あの頃を思い出しつつ先に進もうよって。
シャラク
若い人には出せないものがありつつ、若いつもりで頑張ります(笑)。

三人の神が降臨するツアーですね。

全員
その通りです(笑)。

取材:山本弘子

アルバム『廿奇譚AHEAD』2018年7月25日発売 KING RECORDS
    • 【初回生産限定メト箱(DVD付)】
    • KICS-93723 ¥5,000(税抜)
    • ※ミニ・フォトブック封入&メト箱(三方背BOX)付
    • 【初回生産限定廿メト】
    • KICS-93724~5 ¥4,000(税抜)
    • ※2CD
    • 【通常盤】
    • KICS-3723 ¥3,000(税抜)

ライヴ情報

『メトロノーム結成20周年全国巡礼
 ヤプー三神・巡礼 [ 05→98→18迄-7=20 ] 』
8/02(木) 宮城・仙台MACANA
8/04(土) 北海道・札幌KRAPS HALL
8/05(日) 北海道・札幌KRAPS HALL
8/06(月) 北海道・函館club COCOA
8/11(土) 福岡・DRUM Be-1
8/12(日) 広島・SECOND CRUTCH
8/18(土) 大阪・BIGCAT
8/19(日) 愛知・名古屋ELL

『メトロノーム結成20周年全国巡礼 ヤプー三神・巡礼
~ヤプーが召喚された夜~ [ 05→98→18迄-7=20 ]』
9/01(土) 東京・豊洲PIT

メトロノーム プロフィール

メトロノーム:1998年結成。東京を中心に活動開始。メンバー全員が黒/黄の衣装を着用しており、音楽性はテクノポップの影響下にある独自のサウンドをプレイ。ニューウェイヴやパンクロックからの影響も感じさせる唯一無二の個性を放つJ-ROCK/POPバンド。09年5月31日の渋谷C.C.Lemonホールでのライヴを最後に無期限活動停止となったが、16年9月19日、チケットが瞬殺となった満員のZepp Tokyoワンマンライヴで再起動(活動再開)。18年に結成20周年を迎え、7月にフルアルバム『廿奇譚AHEAD』をリリースした。メトロノーム オフィシャルHP

L→R リウ(TALBO-2)、シャラク(VOICECODER)、フクスケ(TALBO-1)
メトロノーム
シャラク(VOICECODER)
フクスケ(TALBO-1)
リウ(TALBO-2)
アルバム『廿奇譚AHEAD』【初回生産限定メト箱(DVD付)】
アルバム『廿奇譚AHEAD』【初回生産限定廿メト】
アルバム『廿奇譚AHEAD』【通常盤】

「血空」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。