2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

【ライヴレポート】
『LUNATIC FEST. 2018』
2018年6月24日 at 千葉・幕張メッセ

■ AA= ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(AA=)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(AA=)

ベートーヴェンの「歓喜の歌」をリミックスしたSEをバックにまずは上田剛士(Vo&Pro&Syn)が登場。大黒摩季のステージについて“大合唱楽しかったね”と投げかけながら、フランクな佇まいでシンセサイザーを操作しビートを刻む。何度も指差しながら密集した観客を煽る上田に呼応し、覚醒するように歓声が沸き立つフロアーの光景は、すでにAA=に身を任せているようだった。バンドメンバーが加わり「2010 DIGitoTALism」でスタートすると、そこからノンストップで爆音が発生! ラウド、エレクトロ、ハードコアを合致させたような迫力のサウンドが響き、白川貴善(Vo)のドスの効いたヴォーカルが雷のように落とされ、開始早々に最高潮の熱量が充満。「posi-JUMPER」で爽快なメロディーが突き抜け、金子ノブアキの全てを叩き割るようなドラミングが響く「GREED...」の急展開に夢中になっていると、爆音から《夢を見たんだ》と歌うサビに開ける「The Klock」の時には、ここが『ルナフェス』の会場であることも、幕張メッセであることも忘れてしまう境地に達していた。「FREEDOM」ではギターで参加したJが観客さながらの最高な笑顔で登場してきたのも印象深く、彼らのステージがあの場にいた人々の身も心もかっさらっていたのは言うまでもないだろう。
text by千々和香苗

セットリスト

  1. 1. 無題
  2. 2. 2010 DIGitoTALism
  3. 3. posi-JUMPER
  4. 4. GREED…
  5. 5. Such a beautifl plastic world!!!
  6. 6. The Klock
  7. 7. FREEDOM(with J)

■ BRAHMAN ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(BRAHMAN)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(BRAHMAN)

ギターが唸りを上げて始まった1曲目「初期衝動」からSUGIZOが登場し、演奏後にはTOSHI-LOW(Vo)が“一瞬にしてジャンルの壁なんてぶち壊せるんだ”と両腕を突き上げて叫ぶ。以降も衝動を詰め込んだ熱いナンバーを次々に炸裂させ、イントロで歓声があがった「AFTER-SENSATION」ではMAKOTO(Ba)が膝から崩れ落ち、TOSHI-LOWはダイブしてフロアーの中で歌い続けた。そのまま観客に支えられて“宝塚(歌劇団)に『北斗の拳』のキャラが出てたら嫌じゃん”と、今回のラインナップの中でBRAHMANがアウェイな存在であることに自ら触れて笑いが起こる場面もあったが、それに続けて語ったことーーSUGIZOに酔っぱらった勢いでBRAHMANが参加するプロジェクト『東北ライブハウス大作戦』で誕生したライヴハウス、石巻 BLUE RESISTANCEに行ってくれないかと話した時にふたつ返事で答えてくれたこと、さらに後日X JAPANが訪れてくれたこと。マイクなしで声を荒げ“言葉に一体何の意味がある”と叫ぶTOSHI-LOWは何よりも真っ直ぐだったが、彼もまた約束を果たすために『LUNATIC FEST. 2018』のステージに立ち、行動で示していた。そして、披露されたのは「満月の夕」。再びSUGIZOがバイオリンで参加した同曲を誰もが噛み締めるように聴き入っていた。最後は「真善美」で力強いビートを繰り出し《一度きりの意味を お前が問う番だ》とマイクを叩き付けて終幕。魂が込められたこの日のライヴを、誰ひとり残さず胸に刻んだはずだ。
text by千々和香苗

セットリスト

  1. 1. 初期衝動(with SUGIZO)
  2. 2. 賽の河原
  3. 3. SEE OFF
  4. 4. BEYOND THE MOUNTAIN
  5. 5. AFTER-SENSATION
  6. 6. 雷同
  7. 7. ANSWER FOR…
  8. 8. 警醒
  9. 9. 鼎の問
  10. 10. 満月の夕(with SUGIZO)
  11. 11. 真善美

■ LOUDNESS ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LOUDNESS)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LOUDNESS)

“史上最狂のロックフェス”にレジェンド降臨! 鈴木“あんぱん”政行が療養中のためドラムはサポートメンバーとはいえ、Ra:INの西田竜一(ex.NOVELA〜VIENNA〜ACTION!)が叩くのだから申し分ない。二井原実(Vo)の強烈なシャウト、そして高崎晃(Gu)の重厚なリフが炸裂し、フロアーにいくつものメロイックサインが突き上げられた1曲目「SOUL ON FIRE」から、ヘヴィなサウンドと高崎の超絶プレイが会場を圧倒する。同曲は今年1月に世界同時発売された最新アルバム『RISE TO GLORY -8118-』からのナンバーであり、その屈強なバンドグルーブに、“伝説”であっても“現役”であることをまざまざと実感。二井原が轟かせるハイトーン、高崎が魅せる神業的なギター、山下昌良がボディーブローの如く響かせる重心の低いベース…世界のメタルフリークを唸らせるのも納得の衝撃度がそこには宿っていた。また、「CRAZY NIGHTS」「IN THE MIRROR」など80年代のキラーチューンを連続投下し、往年のファンを沸かせる場面も。特に「BLACK WINDOW」はTAIJI(X JAPAN)在籍時のナンバーだけに、胸の奥が熱くなった者も少なくないはずだ。そして、ラストはメロディックなハイスピードナンバー「S.D.I.」。“火に油を注ぐ”とはこのことを言うのだろう。メタルファンたちが陣取るフロアーが爆発的に燃え上がった。
text by 土内 昇

セットリスト

  1. 1. SOUL ON FIRE
  2. 2. I'M STILL ALIVE
  3. 3. CRAZY NIGHT
  4. 4. BLACK WINDOW
  5. 5. IN THE MIRROR
  6. 6. CRAZY DOCTOR
  7. 7. S.D.I

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着