2018年4月22日 at 中野サンプラザ

2018年4月22日 at 中野サンプラザ

【BiSH ライヴレポート】
『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd
TOUR FiNAL』
2018年4月22日 at 中野サンプラザ

2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
2018年4月22日 at 中野サンプラザ
 BiSHのメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』を引っ提げた全国ツアーファイナルは、初のホールワンマンとなる中野サンプラザ2デイズを決行! ツアー初日のZepp Tokyo公演も素晴しかったが、最終日となる本公演はそれを上回る絶好調のパフォーマンスで存在感を見せつけた。

 “ここに立てて、嬉しい”とリンリンが万感の想いをライヴ終盤に吐露した。彼女はBiSHと学業の両立が困難になり苦しんでいた時、大好きなハロプロの聖地・中野サンプラザ公演決定の知らせを受けて、この公演が“光”になったという。

 『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』ツアーファイナルは中野サンプラザとなり、その最終日を観てきた。序盤は「SHARR」を皮切りに振れ幅のある曲調を矢継ぎ早に連発。それからMVも印象的なモモコグミカンパニー作詞曲 「JAM」も心の奥底に染みわたった。そして、今ツアーを振り返り、“初めましての人がたくさんいた”とモモコグミカンパニーが発言したあと、ハシヤスメ・アツコが猫に化ける茶番劇から「プロミスザスター」に突入する流れも最高だった。中盤を折り返し、爆発力ほとばしる「GiANT KiLLERS」の曲中に“全て飲み込んでいこうぜ、中野!”とセントチヒロ・チッチが煽り、会場の温度も急上昇! ホールをライヴハウスに変質させる腕っ節の強さを存分に発揮。本編ラスト「FOR HiM」においてはアイナ・ジ・エンドのダンスに目を奪われつつ、破壊力のあるサビに思わず涙腺が緩むほど。

 アンコールは「My landscape」に続き、最新シングル表題曲「PAiNT it BLACK」も飛び出し、とりわけアユニ・Dの力強い歌声に魅了された。最終曲「BiSH-星が瞬く夜に-」が終わると、ステージにひとり残ったリンリンが“楽しかった? ヤバイ!”と興奮覚めやらぬはしゃぎっぶりで、メンバー6人が巨大な“光”と化したステージングに終始感動しっぱなしだった。

撮影:外林健太/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1.SHARR
  2. 2.My distinction
  3. 3.オーケストラ
  4. 4.DA DANCE!!
  5. 5.SMACK baby SMACK
  6. 6.本当本気
  7. 7.BODiES
  8. 8.JAM
  9. 9.プロミスザスター
  10. 10.スパーク
  11. 11.spare of despair
  12. 12.VOMiT SONG
  13. 13.Here’s looking for you,kid.
  14. 14.GiANT KiLLERS
  15. 15.OTNK
  16. 16.MONSTERS
  17. 17.FOR HiM
  18. <ENCORE>
  19. 1.My landscape
  20. 2.PAiNT it BLACK
  21. 3.BiSH-星が瞬く夜に-

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。