L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

【サイダーガール インタビュー】
僕らのやれることが広がった

2ndシングル表題曲の「パレット」は赤瓦もどむ原作の少女コミック『兄友』のドラマ&映画の主題歌らしいきらめきと、そこに潜んだエッジが聴きどころのキラーチューン。同シングルについて3人に語ってもらった。

「パレット」は『兄友』のドラマ&映画化のための書き下ろしということで、作詞作曲者のYurinさんは歌詞も曲も漫画を読んだ上で書かれたんですか?

Yurin
コミックも読んだし、映像も音楽が何も入ってない段階のものを観せてもらって、台本も読ませてもらいましたね。少女マンガに合えばいいなと思いながら作りました。

原作が少女コミックの映像作品の主題歌を書き下ろすというところに関してはどう思われたのでしょうか?

Yurin
ありがたく思っていたんですけど、いかんせん我々…こういう青春を送っていないので(苦笑)。こういうものを歌詞や曲に落とし込めるかは不安でしたね。だから、“ずっと好きだよ”とか歌うわけではなく、僕たちらしい一歩引いたところで書きました。

歌い出しから《愛だ恋だもういいや》ですからね(笑)。

Yurin
そうですね(笑)。ちょっと皮肉っぽく。何かのことを考えて何かのために書き下ろすっていうことは、このバンドではやっていなかったので、上手くバンドらしさと乖離せずに聴いてもらえる曲にしたかったんです。

Yurinさんの歌詞の書き方はヴォーカリストによくある“俺の言葉を聴いてくれ”という感じじゃなく、物語的なんですよね。だから、書き下ろしが似合うんだと思いました。

Yurin
あんまりシンガーソングライターっていう自覚がないのかもしれないです。曲を作ってる自分と歌ってる自分が分かれてる気がします。

歌詞で自分語りしないですよね。

Yurin
あぁ、僕はあんま自分語りしないかもね。
フジムラ
そうかもね。僕はあったことをすぐに喋りたくなっちゃうタイプですけど(笑)。

それは歌詞にも出ていますね(笑)。

フジムラ
もともとボーカロイドを使っていて、自分の曲を歌ってなかったっていうところもあるんじゃない? 
Yurin
そうかもしれない。
フジムラ
あと、僕も自分語りし出したのはバンドを始めてからなんです。バンドはステージに立つので、自分語りしたいっていうのがあるんですよね。歌うのはYurinですけど。

Yurinさんが歌い手だからこそ、より本音を託せるというところもあるんじゃないでしょうか?

そうですね。ずっと自分の歌詞を歌ってくれてるっていうところもあるし。僕は自分語りっていうよりは、Yurinくんが僕の言葉を歌ってバンドを演出しているっていう感覚があるのかもしれないです。
Yurin
僕はふたりの言葉を歌うことで、満足してるのかもしれないですね(笑)。

また、「パレット」に《ありきたりなラヴソングも一興》と出てきて、フジムラさん作詞作曲の「ハロー・ミュージック」に《在り来たりなメロディーじゃ何も君の胸には響かない》と出てきて、言葉が被っているんですよね。

フジムラ
これ、偶然ですね!(笑)
Yurin
言われるまで気付かなかった(笑)。最近、歌詞が寄るようになってきたよね。ふたりともありきたりなものが嫌いな時期だったのかな?(笑)

また、昨秋リリースされたアルバム『SODA POP FANCLUB 1』の次の一手というとことも考えたのでしょうか?

フジムラ
「パレット」はピアノやオルガン、いろんな音が入ってるんですね。アルバムに入っている「メランコリー」もシンセサイザーとかを入れて、サイダーガールの飛び道具にしたんですよ。それで今回もいろいろ入れるとなると、違うバンドみたいになっちゃうんじゃないかって思ったんですけど、物語を考えた上で派手にしたんです。これをやったことによって僕らのやれることが広がったと思います。
Yurin
だから、アルバムを挟んでこの曲を作って良かったよね。僕としては今はピアノの音にはまってるんですけど、そういう時期にキラキラした曲を求められて良かったです。まぁ、このブームも終わるかもしれませんけど(笑)。

2曲目は知さん作詞作曲の「しょうがないよな」で、本音を吐き出したような歌詞とざらついたギターロックが、また違った印象を与えてくれますね。

最近、いろんなことに対するフラストレーションがあったんです。でも、そういうことをいろんな人と話してたら、どうでもいいよっていう気持ちでやったほうがいいよって言われて、しょうがないかっていうスタンスに変わってきて、この曲を書きました。だから、暗く聴こえるかもしれないけど(笑)、前向きな気持ちで書いているんです。オケについてはYurinくんのブームがピアノである一方で、僕はギターロックのブームが来ているんですね。VELTPUNCHを聴いていて、打ち込みを使わずにいろんなアレンジをするってすごい!と思って。だから、向こう一年くらいギターだけで曲を作りたいなって思っているんです。あと、「パレット」との二面性も考えましたね。歌詞もYurinくんは物語的なものが得意なので、僕は泥臭くいきたいと思っています。

そして、3曲目が先ほど話に出てきたフジムラさんの「ハロー・ミュージック」なのですが、歌詞にストーリがありますね。

フジムラ
このシングルを作った昨年末頃、曲がまったくできなくて。どうしようどうしようって思っていたら地元の忘年会に誘われたんで、とりあえず気分転換しよう!って参加したんです。その帰り道で鼻歌を歌ってたら元ネタができたんですけど、なかなか完成には至らなくて…。

じゃあ、完成した時は歌詞の結びの通り《見つけたんだ 魔法の歌》っていう感覚だったんですね。

フジムラ
そうですね。だから、届いてほしいです。
Yurin
まさに“ハロー・ミュージック”だね(笑)。

取材:高橋美穂

シングル「パレット」2018年3月28日発売 UNIVERSAL J
    • 【ラバーバンド付き初回限定盤】
    • UPCH-7398 ¥1,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • UPCH-5936 ¥1,200(税抜)

ライヴ情報

『CIDER LABO Vol.5 -赤坂ノ陣-』
6/23(土) 東京・マイナビBLITZ赤坂

『CIDER LABO Vol.6 -大坂ノ陣-』
7/01(日) 大阪・梅田バナナホール

サイダーガール プロフィール

サイダーガール:シュワシュワと弾ける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そして、どんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指して2014年5月結成。17年メジャーデビュー。18年11月に2nd アルバム『SODA POP FANCLUB 2』をリリース。その後アルバムを引っ提げ『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』を開催し、全国各地でソールドアウトとなる。サイダーガール オフィシャルHP

L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)
シングル「パレット」【ラバーバンド付き初回限定盤】
シングル「パレット」【通常盤】
サイダーガール オフィシャルHP メイン画像

「パレット」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着