2018年3月11日 at 日本武道館

2018年3月11日 at 日本武道館

【打首獄門同好会 ライヴレポート】
『打首獄門同好会 at 日本武道館』
2018年3月11日 at 日本武道館

2018年3月11日 at 日本武道館
2018年3月11日 at 日本武道館
2018年3月11日 at 日本武道館
2018年3月11日 at 日本武道館
2018年3月11日 at 日本武道館
 打首獄門同好会が3月11日(日)、東京・日本武道館にて『打首獄門同好会 at 日本武道館』を開催した。2017年3月25日に新木場STUDIO COASTにて行なわれたワンマンライヴで開催が発表された時は“マジで?”と多くの人が驚いた武道館公演だが、『目指せ!!武道館 2017-2018 戦獄絵巻』計画と名付けられた1年間の活動も功を奏して、チケットは完売! 超満員の観客に見守られ、いざ武道館の舞台に立つ。さぁ、あの日に約束した宴を始めよう――。

 “このバンドで武道館に立てるなんて夢にも思いませんでした”と大澤敦史(Vo&Gu)も語った、バンド史上初となる日本武道館公演。その夢にも思わなかった武道館で待っていたのは、会場を埋め尽くす超満員の観客だった。祭り囃子に会場中が歌い踊り、賑やかに宴の幕開けを「DON-GARA」が告げ、超ハイテンションで魅せた「音楽依存症生活」、代表曲と言える「私を二郎に連れてって」と、出し惜しみなしの全力のステージで武道館を揺らした序盤戦。堂々としたステージング、大会場に響く重厚なサウンド、効果的な映像、初の武道館は危うさを一切感じさせないどころか、最初から楽しくて仕方ない!

 “岩下の新生姜”の巨大バルーンが並んだ「New Gingeration」、“マグロをもっとも優雅に踊らせたブロックが優勝!”とマグロが舞い踊った「島国DNA」といった演出、「ニクタベイコウ!」「ヤキトリズム」で会場中が肉の部位を叫ぶ様など、普段の武道館では観ることのない光景は打首ならでは。また1年かけて行なった『目指せ!!武道館 2017-2018 戦獄絵巻』計画の“47都道府県 ライブ全国制覇”の経験を活かした新曲「47」、四国八十八ヶ所巡りを歌った「88」、結成して初めて作った「Breakfast」など、楽曲の物語やここで演る意味を理解した時、彼らの魅力をより深く知れた気がした。「日本の米は世界一」、そして大量の紙幣が舞った「カモン諭吉」で本編を終えると、「布団の中から出たくない」「フローネル」で幸福感たっぷりに終演。武道館のライヴは数え切れないほど観てきたが、こんな笑顔の耐えない武道館は初めてだ。

撮影:HayachiN/取材:フジジュン


セットリスト

  1. 1.DON-GARA
  2. 2.音楽依存症生活
  3. 3.私を二郎に連れてって
  4. 4.TAVEMONO NO URAMI
  5. 5.歯痛くて feat.Dr.COYASS
  6. 6.糖質制限ダイエットやってみた
  7. 7.まごパワー
  8. 8.New Gingeration
  9. 9.島国DNA
  10. 10.ニクタベイコウ!
  11. 11.ヤキトリズム
  12. 12.47
  13. 13.今日も貴方と南武線
  14. 14.きのこたけのこ戦争
  15. 15.88
  16. 16.10獄食堂へようこそ
  17. 17.1/6の夢旅人2002
  18. 18.デリシャスティック
  19. 19.Breakfast
  20. 20.日本の米は世界一
  21. 21.カモン諭吉
  22. <ENCORE>
  23. 1.布団の中から出たくない
  24. 2.フローネル
打首獄門同好会 プロフィール

ウチクビゴクモンドウコウカイ:2004年に結成された3ピースバンド。メンバーチェンジを経て06年11月に現在のメンバー編成となる。7弦ギターと5弦ベースの織り成す重め攻め気なサウンドにして、やたらと生活感あふれるゆるい歌詞を乗せた独特のスタイルで“生活密着型ラウドロック”という新たなジャンルを確立。老若男女問わずファンの層は幅広い。18年3月11日には日本武道館でのワンマンライヴが決定している。 打首獄門同好会 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着