坂本龍一も認めるアーティスト、コトリンゴ Listen Japan

坂本龍一も認めるアーティスト、コトリンゴ Listen Japan

坂本龍一が認めたアーティスト、コト
リンゴの新曲「おいでよ」が『歌スタ
!!』9月の“お題歌”に決定

06年3月、坂本龍一がナビゲーターを務めるラジオ番組のオーディション・コーナーにデモテープを送り、のちに2ndシングルとなる「にちよ待ち」がオンエアされたことがきっかけとなり、同年11月坂本龍一プロデュースによる「こんにちは またあした」(『月桂冠・つき』のCMソング)でデビューしたコトリンゴ

9月10日(水)に初のセルフ・プロデュースによる2ndアルバム『Sweet Nest』を発売するが、このアルバムからのリード曲「おいでよ」が、日本テレビ系『歌スタ!!』(日本テレビ系、毎週月曜24:29〜24:59)9月の“お題歌”に決定した。
【著名人からのコメント】
なんとも可愛らしくてファンタジックな音の粒。
最後の曲で夢の世界から目覚めるようなもの寂しさもよいですね。
いーなー。よいアルバム。よいなあ。
安藤裕子(31)

コトリンゴの世界、マイナスイオンたっぷりのワンダーランド。
吸いこまれるように、堪能シテホシイ。
大塚 愛/シンガーソングライター

またひとつ大きな橋が掛かった。
とてもPOPな橋だ。
そこでは日本が、アメリカが、古典が、モダンが、自由に結ばれる。
僕はその橋の上で、心地よい風を受けながらジョギングする。
Thank You コトリンゴ!
沖祐市/東京スカパラダイスオーケストラ

「ふれたら」は僕にとって宝物になりました。
このアルバムを 僕はずっと聴いていくと思います。
おおはた雄一

コトリンゴはぼくの手からはなれて、自由に空を飛翔し始めた、これは記念すべきアルバムです。ふつうのPOPSとして聴いて、いいアルバムです。珠玉の曲がたくさんつまっています。未来のさらなる飛翔を期待しています。
坂本龍一

鍵を回したら、扉はひとりでに開いてしまった。
そこは少女の遊び部屋、玩具箱からこぼれた玩具がひっくり返ってちらばって、キラキラ光っている。
部屋から飛び出した少女は、空を飛んだり、悪戯したり、恋をしたりしながら魅力的になってゆく。
あどけなさと逞しさ、それに甘酸っぱい音が詰まりに詰まったコトリンゴ。
熟していて、きっと好きになる。
中村 中/シンガーソングライター

心がささくれているときは、水を注いでくれるように、うるうると。
心が満たされているときは、羽をさずけてくれるように、ふわふわと。
だからきっと、いつも聴いていたいんだ。
深澤里奈/アナウンサー


【今後の予定】
MUSIC CITY TENJIN 2008
日時:10月5日(日)開場/開演:14:00(入場フリー)
会場:警固公園Aステージ(福岡)
出演:コトリンゴ他

コトリと小島
日時:10月27日(月)開場:18:30 開演:19:00
会場:東京グローブ座
出演:コトリンゴwith柏倉隆史(toe)、村田シゲ(□□□/Cubismo Grafico Five)、小島麻由美
チケット:前売¥4,000 当日¥4,500 (全席指定)
一般発売日:9月27日(土)


【リリース情報】
コトリンゴ 2ndアルバム
『Sweet Nest』
9月10日発売 RZCM-46010 
坂本龍一も認めるアーティスト、コトリンゴ Listen Japan
初のセルフ・プロデュースによる2ndアルバム『Sweet Nest』 Listen Japan

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。