ドキュメンタリー映画『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』より Listen Japan

ドキュメンタリー映画『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』より Listen Japan
歌手Cocco初のドキュメンタリー映画『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』が完成し、12月に渋谷・シネマライズ&ライズX他の劇場にて全国公開することが発表された。監督は、『誰も知らない』『歩いても 歩いても』などで知られ、国内外で評価の高い是枝裕和監督。
97年のデビューとともに瞬く間にヒットを飛ばし、聞き手の心に迫るヴォーカルと圧倒的なパフォーマンスで、一躍日本の音楽シーンに躍り出たCocco。突然の音楽活動中止後も、故郷・沖縄での『ゴミゼロ大作戦』の開催、ベスト・セラーとなった絵本の執筆などでもその才能と行動力を発揮し、多くのアーティストに多大なる影響を与え続けている彼女。歌うことで、なにができるのか?生きつづけることで、何がうまれるのか?
デビュー10年目の節目に開催された全国ライヴ・ツアー、そして地元・沖縄での日常に、是枝監督は静かに寄り添い、ひとりのうたうたいの魂の軌跡を映し出した。
ドキュメンタリー映画『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』は、Coccoと是枝監督、2つの類まれなる才能の出会いが生み出した新たな希望の物語である。

■是枝監督のコメント
Coccoの旅に同行した。
きっかけはライヴ・アースでジュゴンのことを語り、唄う、彼女の姿を見たことだった。僕の中で何かが震えた。何かしたい——素直にそう思った。
だから、撮らせてもらうことにした。泣きながらカメラを回したのは生まれて初めてだ
この感情を一人でも多くの人たちと共有できたらいいなあと、今、強く思っている。
-映画監督 是枝裕和
ドキュメンタリー映画『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』より Listen Japan

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。