U2 Photo by Anton Corbijn

U2 Photo by Anton Corbijn

U2、ニューアルバムリリース
&2018年の北米ツアーを発表

U2の14枚目のスタジオアルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』が、12月1日にリリースされることが決定した。2014年にリリースされた前作『ソングス・オブ・イノセンス』と対になる作品として、早くからその存在が明らかにされていたアルバムで、2作のタイトルは18世紀のイギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩集『Songs of Innocence and Experience』(無垢と経験の歌)からインスピレーションを得ているという。

『ソングス・オブ・エクスペリエンス』は、ダブリン、ニューヨーク、ロサンゼルスでレコーディングが行われた。アイルランドの詩人・小説家であり、ダブリンのトリニティ・カレッジの名誉教授であるブレンダン・ケネリーがボノ(Vo)にアドバイスしたことが、アルバムの主題に影響を与えたという。「自分死んだかのように書くのだ」。その結果、ボノの心に近い場所や、家族、友人、ファンといった親しい人たち、そして自分自身に宛てた手紙の形をとった曲が収録されることになった。

アルバムのプロデューサーは、U2のアルバムではおなじみのジャックナイフ・リー、ライアン・テダーとスティーヴ・リリーホワイト。そしてアンディ・バーロウ、ジョリオン・トーマス(ロイヤル・ブラッド、スレイヴス等)も名を連ねている。 そして、ジャケットはアントン・コービンによる写真で、写っている2人はイーライ・ヒューソンとショーン・エヴァンス、それぞれU2のボノとジ・エッジの子供である。

アルバム発売日決定に際し、ニューシングル「ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ」と、8月末にライヴ動画が公開されていた「ザ・ブラックアウト」のスタジオ・ヴァージョンがリリースされた。

また、『エクスペリエンス+イノセンス・ツアー』の北米アリーナ15公演も発表された。5月2日にオクラホマ州タルサよりスタートする。

Artist Photo by Anton Corbijn

「ベスト・シング」MV

アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』2017年12月1日発売
    • UICI-9068/¥2,500+税
    • ※日本盤ボーナス・トラック1曲収録
    • <収録曲>
    • 1. ラヴ・イズ・オール・ウィ・ハヴ・レフト
    • 2. ライツ・オブ・ホーム
    • 3. ベスト・シング
    • 4. ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ
    • 5. アメリカン・ソウル
    • 6. サマー・オブ・ラヴ
    • 7. レッド・フラッグ・デイ
    • 8. ザ・ショウマン(リトル・モア・ベター)
    • 9. ザ・リトル・シングス・ザット・ギヴ・ユー・アウェイ
    • 10. ランドレディ
    • 11. ザ・ブラックアウト
    • 12. ラヴ・イズ・ビガー・ザン・エニシング・イン・イッツ・ウェイ
    • 13. 13(ゼア・イズ・ア・ライト)
    • 14. オーディナリー・ラヴ(エクストラオーディナリー・ミックス)
    • 15. ブック・オブ・ユア・ハート
    • 16. ライツ・オブ・ホーム(セント・ピーターズ・ストリング・ヴァージョン)
    • 17. ベスト・シング(U2 VS カイゴ)
    • 18. ザ・ブラックアウト(ジャックナイフ・リー・リミックス) ※日本盤ボーナス・トラック
U2 Photo by Anton Corbijn
アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着