LUNKHEAD 小高芳太朗×下北沢GARAGE
圓山満司
- the Homeground 第4回 -

ライヴ活動を行なうアーティストの拠点となるライヴハウス。思い入れ深く、メンタル的にもつながる場所だけに、アーティストとライヴハウス、それぞれの目線から出会いや第一印象などを語ってもらった。もしかしたら、ここで初めて出る話もあるかも!?

L→R 山下 壮(Gu)、小高芳太朗(Vo)、合田 悟(Ba)、桜井雄一(Dr)

L→R 山下 壮(Gu)、小高芳太朗(Vo)、合田 悟(Ba)、桜井雄一(Dr)

LUNKHEAD プロフィール

ランクヘッド:1999年に愛媛県で結成され、04年1月にシングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。結成20周年となる19年には、4月に12枚目のアルバムとなる『plusequal』を発表。LUNKHEAD オフィシャルHP

GUEST:小高芳太朗

下北沢GARAGEでの『みかん祭』があった
から、今の自分たちがある

もともとのバンドを始めたきっかけは?

高校の卒業記念に市のホールを借りてライヴをやろうと、思い出作りのために同じ高校の同級生で集まったのがきっかけでした。本当はその卒業ライヴ1回きりで終わるつもりだったんですけど、結局4人とも大学進学のために上京して、1年後東京で再び集まって今に至ります。

ライヴや楽曲へのこだわりを教えてください。

どんなタイプの曲でも、“カッコ良い”ものでありたいと思ってます。ライヴ然り。自分が影響を受けたバンドがみんなカッコ良かったので、というか、そのカッコ良いところが好きだったので、自分もそうでありたいです。

どのような時に、“音楽活動をしていて良かった”と感じますか?

ライヴでみんなが楽しそうにしてくれてるのを見ている時です。音楽じゃなかったらこういう光景はきっと見られなかっただろうなと思います。

下北沢GARAGE 圓山さんとの出会いは、いつ頃、どこで?

多分10年前くらいに、下北沢GARAGEで会ったのが最初です。最初は圓山くんは大学生のアルバイトでしたね。

その時の圓山さんに対する第一印象は?

若いのにいい感じに目が死んでて好きだな~と思いました。

逆に、圓山さんからはどのような印象を持たれていたと思いますか?

その頃はもうあんまり下北沢GARAGEでライヴをしてなくて…ただ飲みに行くばっかりだったので、“この人誰だろう?”って思われてたかも。

今現在の圓山さんに対する印象は?

ある時、“ちゃんと大学行きよるん?”って聞いたら、“もうとっくに卒業してますよ”って言われて、その時には圓山くんはもう25歳ぐらいで、“あれ~?”となりました。大学生の頃からいろんなことができる器用な子だなと思ってましたが、店長になった今は、それに加えてさらに責任感が増して漢らしくなったと思います。そして、さらにいい感じに目が死んできてカッコ良いです。

LUNKHEADの下北沢GARAGEでの初のライヴは?

2001年2月5日の下北沢GARAGEのオーディションライヴです。とにかく、オーディションになんとか受かったのが嬉しかったです。

今までで一番印象に残っている下北沢GARAGEでのライヴは?

初めて下北沢GARAGEで自主企画をさせてもらったのが2002年の3月9日で、『みかん祭』というイベントだったんですが、とにかく準備が大変で。自分たちのライヴが始まった時には、“あぁ無事終わった…”という安堵感からか、全員演奏がボロボロだったという…(笑)。でも、この日をきっかけにどんどんお客さんが増えていきました。レギュラーで出させてもらうようになってから1年も経ってないペーぺーの俺らに企画を任せてくれた下北沢GARAGEには本当に感謝しています。この『みかん祭』があったから、今の自分たちがあると思っています。

圓山さんをはじめ、下北沢GARAGEの魅力はどういうところだと思いますか?

スタッフみんなが本当に音楽が大好きで、バンドが大好きで、そしてお客さんを本当に大切にしているところですね。

下北沢GARAGEでの面白エピソードがあれば教えてください。

下北沢GARAGEでは毎年1月4日にお客さんも入れて新年会をやっているんですが、遊びに来たバンドマンはみんなランダムにステージに呼ばれて何か一芸をするっていう。そこで、当時銀色のブーツを履いてて身内には“サバ靴”と呼ばれていたうちのベースの(合田)悟がステージに呼ばれて椅子に座って“サバやります”と言って、その銀の靴をバタバタさせながら“サバサバ~サバサバ~”と言い出したんですが、酔ってるお客さんですら誰もクスリとも笑わず…靴がバタバタ鳴る音と“サバサバ~サバサバ~”という声だけがしーんとしたホールに響き渡って、面白というか、まぁ、むしろゾッとするエピソードでしたね。

最後に、圓山さんにひと言お願いします!

これからもよろしくお願いします!!

下北沢GARAGE圓山さんからLUNKHEADに質
問!

いつ、みかん祭りの連続日数更新します?

まるが大学生卒業するまでにやろう!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。