【布袋寅泰】『布袋寅泰 GREATEST S
UPER LIVE "GUITAR × SYMPHONY" HO
TEI withTHE ORCHESTRA ~World Pre
miere~ Powered by MINI ROADSTER.
』2012年6月19日 at 日本武道館

撮影:平間 至/取材:ジャガー

“もっともっと布袋らしくなるために”。イギリスへの移住について語った言葉だが、彼の根底に夢を追い続けていくという揺るがない意志があるからこそ、今日のような特別な夜を創造できたのではないだろうか。地響きにも近い熱い歓声に包まれながら、ダイナミックにロックンロールを鳴らす布袋寅泰が”GUITAR × SYMPHONY” と題し、フルオーケストラとともに日本武道館でライヴをする興味深い本公演。開演時間ちょうどにオーケストラが着席、タクトが振り下ろされると幕開けを告げる「TIME HAS COME」が盛大に響いた。そこへ布袋が颯爽と登場し、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」のスリリングなギターを鳴らし、厚みのあるオーケストラと絡み合っていく。“シンフォニー”の言葉通り、異なる音色がぶつかり合いながらも互いを尊重し、ひとつの楽曲が出来上がっていくという素晴らしい光景を目の当たりにした。ギターで歌うことを感じさせてくれたという「GUITAR CONCERTO」では、始まりはゆったりと。しかし、徐々に気持ちの高ぶりに合わせて力強く打ち鳴らせるギターが痛快で、オーディエンスの心に思いをつないでいく。
こういうスタイルだと改めて彼のメロディーメイクの秀逸さに驚かされる。切なげであり、神々しさを放つ「A DAY IN AUTUMN」はこの環境で聴けるのは本当に贅沢であり、“そろそろ踊ろうか?”を合図に始まった「BAD FEELING」のホーンとギターのセッションに高揚した。“みんな元気で。また会える日を楽しみにしています”と奏者ひとりひとりのスピリットで築き上げられたエネルギーに満ちたライヴをやり遂げ、笑顔で挨拶をした布袋が印象深い。

セットリスト

  1. TIME HAS COME
  2. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
  3. Mission:Impossible Theme
  4. Strangers 6 Theme
  5. GUITAR CONCERTO
  6. A DAY IN AUTUMN
  7. (PIANO SOLO)
  8. INTERMISSION
  9. BAD FEELING
  10. アストロノーツ
  11. SPHINX
  12. STARMAN
  13. NOBODY IS PERFECT
  14. CLOUDY HEART
  15. 命は燃やしつくすためのもの
  16. LONELY★WILD
  17. RUN BABY RUN
  18. <ENCORE>
  19. LEGEND OF FUTURE
  20. C'MON EVERYBODY
  21. Dreamin'
  22. VELVET KISS
  23. My Way
布袋寅泰 プロフィール

ホテイトモヤス:日本屈指のロック・ギタリスト兼シンガー。1988年、氷室京介をも擁したBOØWYを解散。同年、アルバム『GUITARHYTHM』でソロデビューを果たす。この求道的なスピリットに満ちた硬派ロックアルバムは、当時としては珍しい全編英詞による極めてアーティスティックな作品であった。翌89年には吉川晃司とCOMPLEXを結成し、1stアルバム『COMPLEX』をリリース。計2枚のアルバムを残し、90年に惜しまれつつ解散。その後、ようやく実質的なソロキャリアをスタートさせ、「ビート・エモーション」「さらば青春の光」「スリル」「ポイズン」と、作家性と大衆側に接近したポップ性が見事に同居した楽曲を続々とリリース。ストイックなロックミュージシャンであると同時にヒットメイカーとしての才能も開花させていった。布袋寅泰 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着