【東京スカパラダイスオーケストラ】
『東京スカパラダイス体育館』2010年
4月24日 at 東京体育館

取材:編集部

21周年度キックオフ! 豪華キャストが参戦することも発表されていて、楽しさ期待度満点のパラダイス公演となった。本日の決めスーツはダークブラウン。イントロに乗ってバックヤードから、颯爽とメンバーが出てくる。加藤隆志(Gu)の“盛り上がっていこうぜ~”に間髪入れず歓声が応えた幕開けは「Boppin’ Bunny」。会場中に全快スカリズムが刻まれ沸き上がる中、「STORM RIDER」の演出ではステージ上に炎が上がり、“うぉ~”という歓声がスカパラ教の祭宴を肉付ける。最初に登場したゲストは紅一点Crystal Kay。ショッキングピンクの衣装が眩しく、甲高いシャウトが会場に鳴り響く。特筆すべき後半戦突入は「雨の軌跡」。前MCでNARGO(Tp)が語ったのは、愛情とエネルギーを与えてくれている人たちへの感謝の意だった。歴史の中で忘れてはならない亡きメンバー、クリーンヘッド・ギムラ、青木達之にも触れ、“みんなの“イズム”がスカパラの支えであり、大切になくさないように…しっかりと過去を確認しながら前に進んで行く”と告げた。区切りではなくスタートで語ることに、原点回帰の本当の“締め”の意味があったのだろうか。歌詞中“ひとりじゃできない軌跡を このままずっと続けて行けば 愛する気持ちが生まれる”とある。静かなスカの揺れが陽炎のように舞い、それぞれの回想が脳裏を巡る感慨深い一曲だった。そして、「流星とバラード」…そう、奥田民生の登場。だが、照明の演出はシルエット的に“それ”と分かるスタイル。つまり、ピンを当てていないのだ。でも、気付かないファンなどいないニクい演出。「愛の讃歌」では、ステージ上段にストリングスが登場。特効で真っ赤な花吹雪も舞い会場を彩り魅せる。コレで終わりだよね? と思ったらのイントロ「君と僕」。そう、ひとり出てないのは斉藤和義だ。合わせた黒スーツでゆるりと登場。ラスト曲をゲストに任せるあたり、この曲の持つ意味が“それだけのもの”を思わせた。アンコールではゲスト3人を迎え入れて「ジャングル・ブギ」をセッション。デビュー当初にカバーした歌モノ楽曲とのことで、各自1コーラスずつ、メインヴォーカルを務めステージに華を添えた。ダブルアンコールは爆裂興奮の中、賑やかにSKAゴールを観客に決めきった。

セットリスト

  1. Boppin' Bunny
  2. White Light
  3. A Song for Athletes
  4. WORLD SKA CRUISE
  5. 明鏡止水
  6. STORM RIDER
  7. KinouKyouAshita
  8. Like Jazz On Fire
  9. トーキョースカメドレー<21st Anniversary Special Issue>~Perfect Future~Taboo SKA~Manteca~L.O.V.E~FINGERTIPS
  10. ずっと(Crystal Kay)
  11. ONE EYED COBRA
  12. 東雲25時
  13. Juggling City
  14. 太陽にお願い
  15. 雨の軌跡
  16. Boppin' Bunny again!
  17. 流星とバラード(奥田民生)
  18. Just say yeah!
  19. 愛の讃歌 with strings
  20. 君と僕 2010(斉藤和義)
  21. Pride Of Lions
  22. ジャングル・ブギ
  23. DOWN BEAT STOMP
  24. SKA ME CRAZY
東京スカパラダイスオーケストラ プロフィール

“トーキョー・スカ”と銘打って超ハイ・テンション&ゴージャスなパフォーマンスを繰り広げ、その裏打ちサウンドで老若男女を興奮のるつぼに誘い込む東京スカパラダイスオーケストラ——愛称“スカパラ”。
85年より活動開始。ゲリラ的な路上パフォーマンスやライヴハウス行脚を行い、90年にアルバム『スカパラ登場』でメジャー・デビューを果たした。以降、『グランプリ』(95年)、『トーキョー・ストラット』(96年)、『ARKESTRA』(99年)といった名盤をコンスタントに発表。豪華絢爛なホーンと地鳴りをたてんばかりのリズムが織り成す最高級グルーヴは、いかがわしいエロスとキマリまくりの男気満載だ。また、強烈な殺傷能力をたたえながら、歌モノからインストまでを自在に手掛ける手腕は、さすが長年のキャリアに裏づけされている。
メンバーの加入/脱退、クリーンヘッド・ギムラ(vo)の死去(95年4月)、青木達之(dr)の不慮の事故による急逝(99年5月)といった不測の事態に見舞われながらも、シーンになくてはならない存在として邁進し続ける。東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルHP(アーティスト)
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルHP(レーベル)
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルTwitter
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルFacebook
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。