【BINECKS】『BINECKS LIVE TOUR 20
10 ―Change and Chain―』2010年4月
18日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:CAPS 加藤千絵/取材:ジャガー

KEITA(Vo)の“BINECKS史上、最高のライヴにする”という宣言通り、バンドとしての結束力を固めた彼らのステージに、自然と拳を突き上げたくなるほど熱く感化されてしまった。それは会場全体で沸き起こったことであり、バンドの成長ぶりが楽曲だけでなく、ライヴという空間でも表現されたということだ。先日発表されたメジャー2ndアルバム『Change and Chain』を軸に繰り出される楽曲の数々に沸く客席、特にアッパーチューンでのDAITAのギターの妙技に歓喜の声が響く。また、安定したリズムをベースで刻むBOH、生音を活かすTESSEYのプログラミングとBINECKSならではの掛け合いにも目が離せない。さらに印象深かったのは、KEITAのフロントマンとしての頼もしい姿。全身全霊を注ぐ彼の歌声に高揚せずにはいられなかった。

セットリスト

  1. Zero Fighters
  2. Global Solution
  3. Here I Stand
  4. Flash Love
  5. 5.Material Z
  6. REAL
  7. 名も無き星
  8. FRIEND
  9. Sexual Rock
  10. My ghost
  11. Labyrinth Dance
  12. Sweet & Heavy
  13. ONE LOVE
  14. TAKE DOWN
  15. Freesia
  16. GLORY DAYS
  17. Distorted Minds
  18. Shout of our soul
  19. Deep Pressure
BINECKS プロフィール

バイネックス:2005年、DAITAとKEITAのふたりで始動。07年6月に1stアルバム『Sacred Vision』を自主制作で発表し、07年末にライヴのサポートメンバーのTESSEYとBOHが正式メンバーとして加入。そして、翌年5月に1stシングル「GLORY DAYS」でメジャーデビューを果たした。BINECKS オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着