【KREVA】『KREVA CONCERT TOUR '09
-'10 「心臓」 ROUND 3』2010年2月
7日 at 横浜アリーナ

取材:土内 昇

開演前に鳴らされていたBGMに割って入るように響く鼓動音。一斉に響き渡る歓声の中、ステージ後方の巨大LEDに心臓の3Dが写し出され、その血管を通って宇宙空間へといざなわなれる。そして、流星の映像とともにメンバーが現れ、最後にKREVAが登場!
…しかし、派手なのはセットとKREVAの衣装ぐらいで、音を届けるのは3人のビート・クリエイターとKREVAの4人のみ(唯一、アンコールの「シンクロ」で古内東子をフィーチャリング)。この編成は“ROUND ZERO”から変わっていない。ロックバンドがライヴを積み重ねてグルーブを高めていくように、ライヴハウスツアーだった“ROUND 1”、ライヴホールを回った“ROUND 2”を経て彼らも成長し、1万人クラスのアリーナであってもイニシアチブをとり、威風堂々としたパフォーマンスを繰り広げていた。また、ニューアルバムのツアーということで、『心臓』のナンバーが矢継ぎ早に繰り出されるのだが、中盤は旧アルバムの楽曲…それもソロ5年間を遡るかたちで披露されていく。そのセクションでもスキルやビート感の成長を見せていたと言えるだろう。再び『心臓』のナンバーに戻ったのが「Tonight」。本ツアー中、楽器も弾けない、譜面も読めないKREVAがボコーダーの弾き語りに挑戦し続けた楽曲であり、それもまた彼のトライアルだった。ライヴというエンターテインメントを通じて伝えられる、挑戦と成長。それこそが本ツアーのテーマなのである。ソロ5周年ということで、さらなる高みを目指すKREVAの気持ちが渾身のアルバム『心臓』であり、32公演にも及んだ本ツアーに込められていたということだ。もちろん、それは“NEXT STAGE”へと続く…。

セットリスト

  1. ACE
  2. K.I.S.S.
  3. I Wanna Know You
  4. キャラメルポップコーン
  5. 中盤戦
  6. これがFall in love
  7. あかさたなはまやらわをん
  8. くればいいのに
  9. THE SHOW
  10. ストロングスタイル
  11. アグレッシ部
  12. リズム
  13. この先どうなる?
  14. 愛・自分博メドレー
  15. イッサイガッサイ
  16. スタート
  17. DAN DA DAN
  18. ファンキーグラマラス
  19. 音色
  20. 希望の炎
  21. Tonight
  22. 瞬間speechless
  23. 成功
  24. シンクロ
  25. Tears In My Eyes
KREVA プロフィール

KICK THE CAN CREWではMC兼トラック・メイカーを担当。日本中のB-BOYが集まる『B-BOY PARK』のメイン・イベント、MCバトルで99年〜01年まで3連覇を成し遂げたことでも知られる実力派ラッパーでありながら、トラック・メイカーとしてもセンスの良さを発揮しており、KICK THE CAN CREWの楽曲のみならず小柳ゆき、平井堅など様々なアーティストへの楽曲提供/リミックス/プロデュースを手がけている。
04年6月、各自ソロ活動に専念すべくKICK THE CAN CREWとしての活動休止を発表すると、KREVAは先陣を切って完全枚数限定でソロ・シングル「希望の炎」をリリース。その後2枚のシングル・リリースを経て、11月に渾身の1stソロ・アルバム『新人クレバ』を発表。常にスタイルを進化させてきたKREVAの最新のスタイルが凝縮された快心作に仕上がっていた。
05年には自身のレーベル<くレーベル>を立ち上げ、1stアルバムにゲスト参加したSONOMIのアルバム・プロデュースや、コンピレーション・アルバムを制作していく。もちろんソロ活動も並行して進めており、シングル「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」とコンスタントにリリースした後、06年2月、待望のソロ2ndアルバム『愛・自分博』をリリースした。強烈なタイトルを冠した本作は、HIP HOPソロ・アーティストとして史上初の快挙となるオリコン・ウィークリー・チャート初登場1位を獲得した。水を得た魚の如く、KREVAの勢いは止まることを知らない。このアルバムを引っさげて行われた全国ツアーのファイナル公演はなんと日本武道館で行い、もはやHIP HOP界という枠組みに収まらない活動で日本の音楽シーン全体から高い評価を獲得していく。
また、リミックス業やゲスト参加、プロデュース・ワークも相変わらず多く、まだまだ彼の活躍のフィールドは広がっていきそうだ。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着