【宮田和弥】『宮田和弥 LIVE TOUR
2010 BAND de TOUR』2010年1月29日
at 東京・恵比寿LIQUIDROOM

撮影:沼田 学/取材:坂口裕菜

JUN SKYWALKER(S)、ソロ、ジェット機。宮田和弥の歌の歴史を詰め込んだ、東名阪ソロツアーが行なわれた。この日のライヴはそのファイナル公演。スペシャルな夜が届けられた。客電が落ち、宮田和弥ワールドが始まる。「リズム」「Paint It Back」「GOING MY WAY」と続き、ロックンロールの魅力が振りまかれていく。そして、JUN SKY WALKER(S)後期の名曲「さらば愛しき危険たちよ」で、観客をさらに喜ばせた。ストレートに届けられる宮田自身の温かさに、会場が優しい空気に染まる。彼はダブルアンコールに応え、全ての人の“始まり”を応援する新曲「NEW WORLD」を送り、ライヴの幕を締めた。宮田和弥の歌は、明日へのエネルギーになる。ソロ活動としての新しい扉を開いた彼を見て、そう強く感じた。
宮田和弥 プロフィール

80年代後半〜90年代初頭にかけて、日本中に大旋風を巻き起こした元気印のロック・バンド、ジュン・スカイ・ウォーカーズ。「すてきな夜空」「歩いていこう」「レッツ・ゴー・ヒバリヒルズ」といったアツい大合唱型アッパー・ソングにノック・アウトされた輩の多いこと多いこと。我々20代にとって、忘れることのできない存在ではないか。
ヴォーカリストとして活躍した宮田和弥、ジュンスカ解散から1年以上のときを経て、98年にアルバム『smash』でソロ・デビューを飾る。軽快なロック・サウンドのなか、ポジティヴ・マインドあふれる持ち前のカズヤ節が炸裂。その健在ぶりに多くのファンは胸をなでおろしたようだ。以降、ソロ・アーティストとして、プロデューサーとして、活躍の場を多方面に広げている。オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着