【LM.C】『LM.C LIVE TOUR 2013 FIN
AL ~Stay strong,Stay pop.~』201
3年10月5日 at 渋谷公会堂

取材:山本弘子

 結成7周年を迎えたツアーファイナルはホームグラウンドと言ってもいい渋公。開演前から会場は参加する気満々の熱い空気が充満! “一緒に踊りたい人いますか?”と呼びかけ、立候補する人の多さにコスプレ&LM.Cグッズを身につけた人が選ばれ、キッズをふくむ約20人のファンと共演する場面も飛び出した。ハッピーな波動が広がり、いつの間にか笑顔にさせられるのが彼らのライヴだ。maya(Vo)は“その声で俺たちがどれだけ強くなれるか知ってる?”と煽っていたが、響く歌声は最強の一体感。ストロングでポップでモヤモヤを吹き飛ばすエネルギーと愛にあふれまくった曲を届け続けてきた彼らが、7年をかけて作り上げた景色が広がっていた。LM.C史上最多の全26曲を演奏。退場時には12月のシングルと来年のツアーを告知するチラシが配られハッピー感倍増の夜だった。

セットリスト

  1. SE Be STRONG, Be POP.
  2. PUNKY ❤ HEART
  3. BABY TALK
  4. COMBATmode
  5. Space Wannabiez
  6. @FUNNY PHANTOM@
  7. Z-MAN
  8. CRAZY a GO GO
  9. DOUBLE DRAGON
  10. METALLY
  11. GHOST † HEART
  12. GAME of LIFE
  13. Shibuya Cantabile
  14. 88
  15. meteorion
  16. 激FANFARE
  17. EDO FUNK
  18. SUPER DUPER GALAXY
  19. We are LM.C!! ~The Anthem of Strong Pop~
  20. Ah Hah!
  21. It's a Wonderful Wonder World
  22. LIAR LIAR
  23. The LOVE SONG
  24. OH MY JULIET.
  25. ☆Rock the LM.C☆
  26. 星の在処。-ホシノアリカ-
  27. LET ME’CRAZY!!
LM.C プロフィール

エルエムシー:2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着