【LUNKHEAD】『LUNKHEADツアー2013「
メメントモリ」』2013年11月29日 at
恵比寿 LIQUIDROOM

取材:石田博嗣

 “今までで一番後悔のないアルバム”とインタビューで語っていた、ニューアルバム『メメントモリ』のリリースツアー最終日。ライヴによって成長した同作の楽曲が、ただならぬ熱量を秘めていたことは言うまでもない。もちろん、過去曲も現在のテンションでプレイされることで、そのグルーブはよりスリリングなものとなり、荒々しくも重心の低いバンドサウンドが、ステージに靄がかるほどの熱気を場内に渦巻かせていた。

 そして、今の時代に生きる者の叫び、闘い続ける者の悲哀が落とし込まれた楽曲が、日々音楽に救われている者たちを抱き包み、心の奥にいる自分を解放させる。「アルピニスタ」での大合唱で震わせたのは会場の壁よりも、観客それぞれの心の壁だろう。音、言葉、グルーブ、歌…バンドが放つ全てものに胸を射抜かれた後味。まさにLUNKHEADらしいライヴだったと言える。

セットリスト

  1. SE.メメント
  2. 閃光
  3. 明日死ぬぐらいの感じで
  4. 十六夜の月の道
  5. 壊れてくれない
  6. ガラス玉
  7. 冬の朝
  8. 果てしなく白に近づきたい青
  9. はるなつあきふゆはる
  10. きらりいろ
  11. 月の城
  12. ラブ・ソング
  13. 三月
  14. 共犯
  15. 濃藍
  16. WORLD IS MINE
  17. 未来を願ってしまった
  18. シンドローム
  19. アルピニスタ
  20. いきているから
  21. 幻灯
  22. <ENCORE1>
  23. raindrops
  24. 螺旋
  25. ぐるぐる
  26. 明日
  27. カナリア ボックス
  28. <ENCORE2>
  29. 白い声
LUNKHEAD プロフィール

ランクヘッド:1999年に愛媛県で結成され、04年1月にシングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。結成20周年となる19年には、4月に12枚目のアルバムとなる『plusequal』を発表。LUNKHEAD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着