【knotlamp】『Hello to Nostalgia
TOUR 2013』2013年12月8日 at 代官山
UNIT

撮影:Mitsuhiro Gondai/取材:土内 昇

 この日のライヴを最後に活動休止となるknotlamp。開演前から熱気が立ち込めていた客席に、1曲目「Mr. Bro. 」が投下されるとすぐさまモッシュが起こり、瞬く間にフロアーが熱の塊と化する。矢継ぎ早に繰り出されるメロディックかつパンキッシュ、ポップかつエキサイティングなナンバー。それに声をあげ、汗を飛ばし、力強く拳を突き上げて呼応する観客。場内は爆発的な盛り上がりを見せ、温度と湿度を際限なく高めていく。そんな中、何度も“ありがとう”という声がステージと客席を交錯していたことも印象深い。

 そして、オーラスの「Flag」で観客全員がヴォーカルとなって歌声を会場に響かせ、バンドも観客も完全燃焼で終幕を迎えた。KEIT(Vo&Gu)が“今日の感情の続きがあるように生きていく”という言葉を残したが、それはこの瞬間を共有した全ての者が同じ想いだろう。

セットリスト

  1. Mr. Bro.
  2. Ashe's Children
  3. What should i do?
  4. Back to ZERO
  5. Booster
  6. Another Escape
  7. 遠くへ
  8. My steady faith
  9. 夜空
  10. Across my world
  11. Perfect Holiday
  12. ずっと何処かに
  13. Libra
  14. Oblivion color
  15. 時の行方
  16. Last Train
  17. A Star Tribe
  18. <ENCORE>
  19. Innocent days
  20. The Limited World
  21. Flag
knotlamp プロフィール

ノットランプ:2007年10月にアルバム『Blind Side』でデビュー。6月に発売された「Across my world」が、現在NHK総合で放送中のアニメ「銀河へキックオフ!!」の主題歌に抜擢。数々のフェスにも出演し、入場規制がかかるなどその存在感を誇示する4人組バンド。 knotlamp Official Site
myspace

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着