【Dragon Ash】『〜EX THEATER OPEN
ING SERIES〜「Lily’s Party」』20
13年12月4日 at EX THEATER ROPPONG
I

撮影:Kentaro Kambe/取材:宮本英夫

 夏フェス以降久々のライヴは、六本木に新たにオープンしたライブスペース“EX THEATER ROPPONGI”にて。いきなり「Fantasista」で幕を開け、Kj(Vo&Gu)の“飛び跳ねろ!”という煽りに応えてフロアーは早くも沸騰状態。ロック、ダンス、ラテンなどさまざまな要素をブレンドしたアッパーな曲は破壊力抜群で、4曲目「For divers area」では“これがミクスチャーロックだ!”とKjが叫ぶ。現在のDragon Ashは生音の比重が高いため、メンバーのスキルの高さがより際立って聴こえ、プログラムされた音を多用していた時期よりもむしろ音の感触はパワフルだ。

 中盤では「Ivory」「few lights till night」など軽やかな曲を聴かせ、「Here I Am」から再びスピードアップ。完成したばかりのニューアルバム『THE FACES』から、Yalla Familyをフィーチャリングしたハードコアな「Still Goin’ On」と、KenKen(Ba)のラップを交えたファンキーな「The Live」を特別先行披露し、さらに「ROCK BAND」ではKO-JI ZERO THREE(GNz-WORD)とSATOSHI(山嵐)を迎えるなど、スペシャルな展開の連続に会場は一瞬も静まる暇がない。Kjもご機嫌で、“アルバム制作が終わったばかり、疲弊した状態でライヴをやるのはマジ反対したんだけど…やって良かったっす”という言葉に大歓声と拍手が沸き上がる。リリースされたばかりの「Lily」のサビが大合唱になったのも、フロアーにいて鳥肌が立つほどに感動的なシーンだった。

 そして、アンコールは定番「百合の花咲く場所で」と、『THE FACES』からの新曲「Curtain Call」。“音楽人生で最も身を削って作ったアルバム”と自負する新作リリースを年明けに控え、Dragon Ashは前人未到のミクスチャーロック道をさらに極めてゆく。

セットリスト

  1. Fantasista
  2. Run to the Sun
  3. Trigger
  4. For divers area
  5. Los Lobos
  6. Ivory
  7. few lights till night
  8. Velvet Touch
  9. Here I Am
  10. Still Goin’ On (feat.Yalla Family)
  11. The Live
  12. AMBITIOUS
  13. ROCK BAND(feat.SATOSHI,KO-JI ZERO THREE)
  14. Lily
  15. TIME OF YOUR LIFE
  16. <ENCORE>
  17. 百合の咲く場所で
  18. Curtain Call
OKAMOTO'S×Dragon Ash プロフィール
Dragon Ash プロフィール

ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。Dragon Ash オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。