【NICO Touches the Walls】『1125(
イイニコ)の日ライブ』2013年11月2
5日 at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:上飯坂 一/取材:榑林史章

 11月25日は“イイニコの日”ということで、Zepp DiverCity Tokyoにてスペシャルライヴ『1125(イイニコ)の日ライブ』が開催された。この日のライヴは“ロックンロールナイト”と銘打ち、彼らの中でもロック色の強い曲ばかりを演奏。シングル曲やバラードは演奏せず、代わりに「武家諸法度」や「バニーガールとダニーボーイ」などデビュー当時のナンバーがずらりと並んだ、生粋のファンにはたまらないラインナップ。

 さらに注目はこの日の中盤に披露した、日本の女性アーティストの楽曲を彼ら流にカバーした3曲。山口百恵の「イミテーションゴールド」を披露する際は、“山口百恵さんをご存じですか?”と最初は不安げな様子の彼らだったが、激ヘヴィな演奏が始まると観客のことはおかまいなしでアグレッシブに演奏。変態的なアレンジで、彼らに宿るロック魂を見せつけた。次に演奏したDREAMS COME TRUEの「決戦は金曜日」は、なんとダブレゲエのアレンジ。さすがに知っているファンも多く場内から歓声と拍手が沸いたが、ひと筋縄ではいかない展開で最後の最後まで驚かせた。

 そして、カバーのラストは松田聖子の「SWEET MEMORIES」。チャック・ベリーを彷彿させるロックンロールのアレンジに乗せて、ユーモアを交えながらさわやかなハモりも聴かせてくれた。また、本編ラストの「THE BUNGY」では、いきなり裏拍の手拍子講座を開講。完璧なリズムに思わず“気持ちいい〜!”と、光村龍哉(Vo&Gu)は感嘆の声。MCでは“年間何十本とライブをやっているけど、たまにはこういうセットリストもいいよね!”と光村。いつもとはひと味違ったムードながら、メンバーもファンもニコニコの大満足のロックンロールな一夜になった。

セットリスト

  1. 1125のテーマ
  2. アビダルマ
  3. 業々
  4. そのTAXI.160km/h
  5. 衝突
  6. 錆びてきた
  7. サラ=レイニーデイ
  8. レオ
  9. DEMON(is there?)
  10. イミテイションゴールド/山口百恵
  11. 決戦は金曜日/DREAMS COME TRUE
  12. SWEET MEMORIES/松田聖子
  13. 武家諸法度
  14. ストロベリーガール
  15. バニーガールとダニーボーイ
  16. GANIMATA GIRL
  17. THE BUNGY
  18. <ENCORE>
  19. GUERNICA
  20. ニワカ雨ニモ負ケズ
  21. N極とN極
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」