【POLYSICS】『POLYSICS JAPAN TOUR
2014 "ACTION!!!"』2014年4月11日
at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:Kazumichi Kokei/取材:フジジュン

 “今日はマジで出し切ろうな! ツアーファイナルということで、楽しんでいこう!!”

 最新アルバムのタイトル曲「ACTION!!!」で勢いよくスタートした、『ACTION!!!』リリースツアーファイナルは、「URGE ON!!」、「Young OH! OH!」などのライヴ定番曲を惜しみなく披露しながら、序盤戦を一気に駆け抜ける。

 「Post Post」「O MEGA NE」など、ツアーですっかり自分たちの物とした最新アルバム収録の新曲たちを織り混ぜながら、フロアーを思い切り踊らせた中盤戦。ハヤシ(Vo&Gu)がギターを置いてハンドマイクで歌った「発見動物探検隊」では、暗くなった会場をヘッドライトで照らす演出に、動物のぬいぐるみを使った寸劇など、遊び心も満点。“今回のツアーはあっという間だった”と3人がツアーファイナルを惜しみ、ステージを思い切り楽しんでいる姿が印象的。ヴォコーダーヴォイスがどこか切なくエモーショナルな「New Melody」、グルーヴィーなリズムにフミのベースが映える「Rhythm」、すでにライヴの定番曲となっている「Turbo Five」など、ライヴのラインナップに並んだ新曲たちに、『ACTION!!!』がすごくバリエーション豊かな作品だったことも再確認。

 “今年の3月で結成17周年。17周年の意味も込めて、懐かしい曲もやってます”とハヤシ。ファンからの“おめでトイス!”の声に、“ありがトイス!”と嬉しそうに応え、本編ラストは「ピーチ・パイ・オン・ザ・ビーチ」「Boys & Girls」「Buggie Technica」で大きく盛り上げてフィニッシュ。アンコールでは、“みんなをもっと楽しませるため、これからも俺たちにしかできない音楽を追求していきますよ!”とハヤシが力強く宣言し、ツアーをしっかり締め括った。

セットリスト

  1. ACTION!!!
  2. URGE ON!!
  3. Young OH! OH!
  4. Don’t Stop Johnny
  5. シーラカンス イズ アンドロイド
  6. Let’sダバダバ
  7. Speed Up
  8. Post Post
  9. O MEGA NE
  10. Quiet Smith
  11. DNA Junction
  12. 発見動物探検隊
  13. New Melody
  14. Rhythm
  15. Number Zero
  16. MAKING SENSE
  17. Turbo Five
  18. Hot Stuff
  19. How are you?
  20. MEGA OVER DRIVE
  21. ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ
  22. Boys & Girls
  23. Buggie Technica
  24. <ENCORE1>
  25. Baby BIAS
  26. Shout Aloud!
  27. Lucky Star
  28. <ENCORE2>
  29. Electric Surfin’ Go Go
POLYSICS プロフィール

ポリシックス:1997年3月に結成。結成当初から揃いのバイザー、特異なライヴパフォーマンス、爆音ギターとシンセサイザーやボコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させた稀有なサウンドで注目を集める。日本武道館単独公演や250本以上の海外ライヴなど、精力的に活動。結成20周年となる17年、10月に新メンバーのナカムラ リョウを迎え4人体制となり、11月にはニューアルバム『That's Fantastic!』をリリースする。POLYSICS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着