【水樹奈々】『NANA MIZUKI LIVE TH
EATER 2015 -ACOUSTIC-』2015年1月1
8日 at さいたまスーパーアリーナ

撮影:上飯坂 一/取材:榑林史章

 水樹奈々にとって、初のアコースティックライヴ。各楽曲の根底にある魅力がシンプルな演奏によってストレートに引き出され、演奏に歩み寄りながらも多彩な音楽性に対応していく、水樹の歌の上手さがより一層際立ったステージだったと言える。パイプオルガンの荘厳な音色をバックに歌った「Trinity Cross」がオープニングを飾り、「Lovely Fruit」や「ストロボシネマ」はバイオリンによって楽曲の軽やかさがより前面に押し出されたアレンジに。また、「パノラマ -Panorama-」はマンドリンでカントリーっぽく、アコーディオンを使った「終末のラブソング」はフラメンコっぽいイメージ。ステージは、教会、街、庭園、BARという4つのシチュエーションに分かれており、BARステージではホーン隊を迎えて「哀愁トワイライト」や「Ladyspiker」を夜のムードで、ジャズっぽく披露した。また、ゲストにSuaraと速水奨を迎えてのデュエットや、この日のためにお正月返上で練習したというタップダンスも披露。冒頭で“いつも以上に、手に汗!”と話していた水樹だが、終始楽しそうだったのが印象的だ。いつもなら大迫力のバンドサウンドに負けじと、パワフルに鬼気迫るほどのヴォーカルを響かせるが、この日はアコースティック編成による柔らかい音もあってか、実にリラックスした様子で、声はより温かみが増し、明るく、どこか弾けていたように思う。“これからも新しいこと、楽しいことにどんどんチャレンジしていきたい”と語った水樹。ラストには“新しいことを始める時にぴったりな曲”と「New Sensation」を観客と大合唱し、いつもの水樹で締め括った。

セットリスト

  1. Trinity Cross
  2. PHANTOM MINDS
  3. You have a dream
  4. Lovely Fruit
  5. ストロボシネマ
  6. パノラマ -Panorama-
  7. 終末のラブソング
  8. SCARLET KNIGHT
  9. Necessary
  10. 深愛
  11. 哀愁トワイライト
  12. Ladyspiker
  13. MARIA & JOKER
  14. 大好きな君へ
  15. Orchetral Fantasia
  16. Crystal Letter
  17. BRIGHT STREAM
  18. SUPER GENERATION
  19. Song Communication
  20. BLUE
  21. <ENCORE>
  22. 禁断のレジスタンス
  23. エデン
  24. 星屑のシンフォニー
  25. New Sensation
水樹奈々 プロフィール

ミズキナナ:声優、歌手として高い人気を誇る。声優としてのデビュー作は1997年のプレイステーション用ゲーム『NOёL〜La neige〜』門倉千紗都役。歌手としては2000年12月にシングル「想い」でデビュー。09年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『ULTIMATE DIAMOND』で声優として初のオリコンチャート1位を獲得し、11年12月と16年4月には東京ドーム2デイズライヴも大成功に収めた。水樹奈々 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」