【WEAVER × ゲスの極み乙女。】『W
EAVER Special Live 2015 「Guess
What!? We Have A Guest!! WEAVER ×
ゲスの極み乙女。」』2015年3月31日
at 恵比寿LIQUIDROOM

撮影:TEPPEI/取材:山口智男

 杉本雄治(WEAVER/Vo&Piano)と川谷絵音(ゲスの極み乙女。/Vo&Gu)が「大宮サンセット」(スピッツ)と「ひこうき雲」(荒井由実)を歌うセッションからライヴは始まった。それだけでも足を運んだ甲斐はあったが、それはほんの序の口。WEAVERにとってデビュー後初の自主企画ライヴは、単に人気上昇中の2バンドの共演ということだけに止まらない感動を生み出した。

 ゲスは「猟奇的なキスを私にして」他、お馴染みの曲に加え、ニューシングル「私以外私じゃないの」とカップリング「パラレルスペック(funky ver.)」を4月22日のリリースに先駆け披露。卓越した演奏力がジャズ/フュージョンの影響に裏打ちされていることを改めて印象付けると、彼らのキテレツな一面をアピールするパンクディスコな「ドレスを脱げ」「餅ガール」を畳み掛け、一気に盛り上げていった。

 一方、女性ファンの黄色い歓声に迎えられたWEAVERもバンドサウンドにおけるピアノの可能性をアピールするポップナンバーの数々を、5月20日リリースの「くちづけDiamond」「Beloved」という新曲も交えながら披露。ラグタイム風のピアノの連打が印象的なアップテンポナンバーとバンドの成熟を思わせるバラード。それぞれに違う魅力を印象付けた。そして、アンコールでは自身の「心の中まで」とゲスの「猟奇的なキスを私にして」の見事なマッシュアップに加え、メンバー3人の連弾というアクロバティックなプレイまで飛び出した。ライヴに足を運んだお客さんをとことん楽しませたい――この日、2組の演奏から伝わってきたのはその熱い想いだった。

セットリスト

  1. 【杉本雄治(WEVAER)×川谷絵音(ゲスの極み乙女。)】
  2. 大宮サンセット
  3. ひこうき雲
  4. 【ゲスの極み乙女。】
  5. 猟奇的なキスを私にして
  6. デジタルモグラ
  7. キラーボール
  8. 星降る夜に花束を
  9. 私以外私じゃないの
  10. パラレルスペック(funky ver.)
  11. ユレルカレル
  12. ドレスを脱げ
  13. 餅ガール
  14. ホワイトワルツ
  15. 【WEAVER】
  16. 夢じゃないこの世界 
  17. Shall we dance
  18. 管制塔
  19. 僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~ 
  20. さよならと言わないで
  21. 君と僕のテーマソング
  22. くちづけDiamond
  23. 2次元銀河 
  24. Free will
  25. トキドキセカイ
  26. Beloved
  27. <ENCORE>
  28. Mashup 心の中まで(WEVAER)×猟奇的なキスを私にして(ゲスの極み乙女。)
ゲスの極み乙女。 プロフィール

ゲスノキワミオトメ。:2012年5月にindigo la Endのヴォーカルでもある川谷絵音を中心に、休日課長、ちゃんMARI、ほな・いこかで結成。高い演奏技術を駆使した何が起こるか分からない曲展開に、全てを飲み込んでしまう声。プログレ、ヒップホップを基調としながらも独自のポップメロディーを奏でる4人組バンド。14年4月にメジャーデビュー作となる3rdミニアルバム『みんなノーマル』を発表。ゲスの極み乙女。 オフィシャルHP(アーティスト)
ゲスの極み乙女。オフィシャルTwitter
川谷絵音 Official Twitter
ちゃんMARI Official Twitter
休日課長 Official Twitter
ほな・いこか Official Twitter
ゲスの極み乙女。 オフィシャルHP(レーベル)
ゲスの極み乙女。 オフィシャルTwitter
ゲスの極み乙女。 オフィシャルYouTube
ゲスの極み乙女。 オフィシャルブログ
Wikipedia

WEAVER プロフィール

ウィーバー:兵庫県出身の3ピースピアノロックバンド。2004年に高校の同級生で結成。09年10月に配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。国内外での活動が活発になる中、14年1月末からロンドンへ留学することを発表し、彼らがリスペクトする音楽の刺激を受けながら、半年間語学の勉学に励み7月に帰国。その間にも6月には初となるベストアルバム『ID』をリリース。17年5月にファッションなどでシーズンアイテムを表す言葉に着目したEP『S/S』、続いて9月にEP『A/W』をリリース。2作のアートワークではファッション誌『NYLON JAPAN』とタッグを組むなど、音楽に止まらない新たな表現にも取り組んでいる。WEAVER オフィシャルHP
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着