【LM.C】『★☆★☆Good-bye渋公!!
88ナイト☆★☆★ Over The Fantasy
, Under The Rainbow.』2015年8月8日
at 渋谷公会堂

撮影:宮脇進(PROGRESS-M)/取材:土内 昇

 取り壊しのため、10月で閉館となる渋谷公会堂。LM.Cにとって一番多くライヴを行なった思い入れの強い会場ということで、“Good-bye渋公!!”と掲げて開催された同公演。maya(Vo)の“ちょっとくらい壊しても怒られない気がします”という言葉からも、いつも以上に気持ちが入っていることがうかがえる。そして、対となる2枚の最新ミニアルバムの楽曲を中心としつつも、来年の10周年に向けて、足跡の確認のようなアクトを展開し、全力で攻め、全力で楽しませ、トラブルもサプライズも奇跡の演出とばかりに、最高のエンターテインメントを繰り広げる。ラストナンバー「PUNKY ♥ HEART」の時には、観客の寄せ書き入りの“ありがとう渋公 2015年8月8日”と書かれたバックドロップが吊るされるなど、LM.Cにとっても、渋谷公会堂にとってもメモリアルな一日が刻まれた。

セットリスト

  1. SE.No.9
  2. 星の在処。-ホシノアリカ-
  3. OH MY JULIET.
  4. DOUBLE DRAGON
  5. Amnizia
  6. 禁じられた宇宙。
  7. My Favorite Monster
  8. We are LM.C!! ~The Anthem of Strong Pop~
  9. Z-MAN
  10. METALLY
  11. MOGURA
  12. 88
  13. DREAMscape
  14. 僕らの未来。
  15. SUPER DUPER GALAXY
  16. BABY TALK
  17. DIVE TO FANTASY
  18. Brand New Rainbow
  19. JUST LIKE THIS!!
  20. The LOVE SONG
  21. CRAZY A GO GO
  22. LET ME’ CRAZY!!
  23. We are LM.C!! ~The Anthem of Strong Pop~
  24. Chameleon Dance
  25. ☆Rock the LM.C☆
  26. PUNKY ♥ HEART
LM.C プロフィール

エルエムシー:2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着