【SPYAIR】『JUST LIKE THIS 2015』
2015年8月8日 at 富士急ハイランド
コニファーフォレスト

撮影:鳥居 洋介、中島 未来/取材:榑林史章

 SPYAIR単独1万人野外ライヴ『JUST LIKE THIS 2015』が、8月8日に富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された。名古屋の栄公園での路上ライヴを卒業する時に作った曲「Just Like This」のタイトルをそのまま冠した本公演は、これまでの道のりを振り返りながら、気持ちはデビュー当時のまま変わっていないという想いを込めた、彼らにとってとても大切なものになった。

 冒頭、IKE(Vo)が客席から登場、オープンカーで会場内を回った他、MOMIKEN(B)とKENTA(Dr)によるソロコーナーもあり、客席の真ん中に設けられたミニステージがリフトアップしてアコースティックコーナーを行なうなど、あの手この手でファンを楽しませたライヴ。セットリストも特別仕様で、ライヴで演奏するのは初という「Blowing」をはじめ、栄公園のストリート時代によくやっていたという「To」といった激レア曲を網羅。もちろん「サクラミツツキ」や「ジャパニケーション」「イマジネーション」など、人気の楽曲も多数披露し、ベストを超えた内容を聴かせた。ソリッドなロックサウンドに乗せて、頭を振り手を挙げて楽しんだファン。そんな会場を見渡しながら“今までやったどの野外ライヴよりも、今観ている景色が最高です。10年間かけて、やっとこの場所に辿り着きました”と、感無量といった様子のIKE。

 昨年は、IKEの喉の不調から一時活動休止を余儀なくされ、その後の活動が危ぶまれた時期もあった。それでも応援してくれるファンの声を力に変えて、駆け抜けてきたこの1年。歌詞に込められた前向きさや力強さを、彼らのストーリーとシンクロさせて涙ぐむファンの姿もあった。“この1年いろいろあって、いろいろ考えて。バンドをカッコ良くすることや大きくすることではなく、続けていくことを選びました”とIKE。俺たちはいつもここにいるから、いつでも遊びにきてほしいというのが、本編最後に披露された「JUST LIKE THIS 2015」に込めたメッセージだ。デビュー前から変わらず持ち続ける原点の気持ちを、今一度ファンと共に確認した一夜。最後には多数の打ち上げ花火が、1万人と4人の原点回帰を祝福した。

セットリスト

  1. サムライハート(Some Like It Hot!!)
  2. 現状ディストラクション
  3. Rock’n Roll
  4. WENDY〜It’s You〜
  5. OVER
  6. Last Moment
  7. Blowing
  8. サクラミツツキ
  9. LINK IT ALL
  10. To
  11. My Friend(acoustic ver.)
  12. BEAUTIFUL DAYS(acoustic ver.)
  13. JUST ONE LIFE
  14. 0 GAME
  15. Supersonic
  16. ROCKIN’ OUT
  17. I want a place
  18. OVERLOAD
  19. ファイアスターター
  20. ジャパニケーション
  21. イマジネーション
  22. JUST LIKE THIS 2015
  23. <ENCORE>
  24. GLORY
  25. SINGING
SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着