【nano.RIPE】『5th anniversary pr
ogram Vol.3「しあわせのくつ」』20
15年9月26日 at 赤坂BLITZ

撮影:キセキミチコ/取材:榑林史章

 メジャーデビュー5周年を迎えたnano.RIPEが、5周年記念企画の第3弾となるライヴ『しあわせのくつ』を赤坂BLITZで開催した。5周年とはいえ、活動はインディーズ時代から10年を数える。“メジャーデビューからの5年間だけが全てではない。それ以前からのぼくらのすべてを、このステージに注ぎ込みます!”と、意気込んだヴォーカルのきみコ。さらに、活動をRPGゲームに例えて“今日1日でどれだけレベルが上がるか、ぼくたちとみんなにかかっています!”と、メンバーと観客にハッパをかけた。この日はリリースしたばかりのシングルコレクション『シアワセのクツ』から「絵空事」を除く全曲を網羅した他、4枚のオリジナルアルバムそれぞれからもセレクト。さらに提供曲「流星群」「プラリネ」のセルフカバーも初披露し、nano.RIPE史上最大曲数である全28曲を約3時間にわたって駆け抜けた。“イケるか、BLITZ!”と何度も叫びながら、全身全霊でプレイしたアベノブユキ(Ba)。きみコと一緒に歌いながら、ストイックにタイトなビートを叩き出し続けた青山友樹(Dr)。「タキオン」では、ユーモアたっぷりのダンスを披露して、観客を沸かせたササキジュン(Gu)。ミディアムナンバーの「パトリシア」では、グルーブ感あふれるサウンドに乗せてきみコがエモーショナルな歌声を聴かせ、観客も息を飲むようにして聴き入った。“20年、30年とやっていくことを考えると、最初の5年なんてまだ序章。ここは出発点だ。まだまだ旅を続けよう”と、きみコ。ひと回り成長したバンド感を携え、nano.RIPEはネクストステージに立った。

セットリスト

  1. 空飛ぶクツ
  2. もしもの話 
  3. パラレルワールド
  4. こだまことだま 
  5. なないろびより 
  6. 透明な世界 
  7. 月花 
  8. 細胞キオク 
  9. ゆきのせい
  10. パトリシア
  11. 影踏み 
  12. 15秒
  13. 色彩
  14. ユートピア
  15. 神様
  16. フラッシュキーパー
  17. 流星群 
  18. プラリネ 
  19. アポロ
  20. ノクチルカ
  21. 面影ワープ 
  22. ツマビクヒトリ
  23. タキオン
  24. リアルワールド 
  25. 地球に針
  26. <ENCORE>
  27. こたえあわせ 
  28. ハナノイロ
  29. 世界点
nano.RIPE プロフィール

前身バンドを経て2004年にnano.RIPEとなり、地元である千葉・東京を中心に本格的な活動を開始。08年、インディーズレーベルよりミニアルバム『空飛ぶクツ』を発売。草野マサムネ(スピッツ)など多くのアーティストから推薦コメントが寄せられ、話題となる。10年、Lantisよりメジャーデビュー。その後、メンバーチェンジを経て、現在はきみコとササキのふたり編成で活動を続けている。nano.RIPE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着