【Poet-type.M、BURGER NUDS、Good
Dog Happy Men】『festival M.O.N -
美学の勝利-』2015年10月24日 at 恵
比寿LIQUIDROOM

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:山口智男

 BURGER NUDSのライヴ中、門田匡陽(Vo&Gu)が言った“今日が来るのが寂しかった”というひと言が、名古屋、大阪、東京の3カ所で開催した今回のイベントがいかに充実したものだったかを物語っていた。昨年、10年振りに再結成ライヴを行なったBURGER NUDS、この日一夜限りでオリジナルメンバーが顔を揃えたGood Dog Happy Men(以下GDHM)、そして、現在4部作の『A Place, Dark & Dark』が進行中のPoet-type.M(以下PtM)――門田がフロントマンを務める3バンドが同じステージに立ち、門田曰く“この15年間、ギターロックの世界の端っこを歩いてきた”自らの活動をファンとともに祝福するイベントは、“日本で一番好きなバンドでいることを唯一のルールとしてきた”彼と仲間たちの勝利を高らかに宣言するものとなった。

 その勝因は客席を埋めた幅広い年齢層のファンの存在もさることながら、やはり3バンドが45分ずつ熱演を繰り広げたことが大きかったと思う。いきなりギターのフィードバックノイズを轟かせたトップバッターのBURGER NUDSは「LESSON」他、再結成後に作った新曲も交えながら、ヒリヒリとしたオルタナロックを奏で、その緊張感をPtMにバトンタッチ。Tシャツからコートとスーツに着替えた門田以下、メンバー4人全員がスタイリッシュにキメたPtMはMCを挟まず、門田のナレーションでつなぎながら『A Place, Dark & Dark』の曲を演奏するというスタイリッシュな見せ方で、ポストパンク調のソリッドなバンドサウンドをアピール。

 そして、GDHMの伊藤大地(Dr)を迎え、ツインドラムの迫力を見せつけた「神の犬」でグッと演奏の熱度を上げ、PtMとは対極にあるとも言えるGDHMにつなげると、ツインドラム編成のGDHMは“そーれ!”という掛け声やシンガロングも交えながら、ルーツミュージックの影響を消化したキャンプファイアー的なロックンロールをたたみかけていった。チェック柄のベストで揃えた4人が作り出す和気あいあいとした空気に刺激され、前2バンドの演奏を、息を飲んだように見守っていたファンが緊張から解放されたように踊り出した光景が印象的だったが、どのバンドからも門田らしさが感じられる一方で、それぞれに違う音楽性からは、彼が常に明確なビジョンのもと、音楽作りに取り組んでいることがうかがえ、興味深かった。それもまたこのイベントの大きな見どころだったと思う。

セットリスト

  1. 【BURGER NUDS】
  2. 1.ANALYZE
  3. 2.不感症
  4. 3.エコー
  5. 4.LESSON
  6. 5.絶滅危惧種のペンギン達が可哀想
  7. 6.言葉と心
  8. 7.AM 4:00
  9. 8.MARCH
  10. 9.逆光
  11. 10.ミナソコ
  12. 【Poet-type.M】
  13. 1.だが、ワインは赤(Deep Red Wine)
  14. 2.窮屈、退屈、卑屈(A-halo)
  15. 3.その自慰が終わったなら(Modern Ghost)
  16. 4.救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y.)
  17. 5.バネのいかれたベッドの上で(I Don’t Wanna Grow Up)
  18. 6.双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
  19. 7.神の犬(Do Justice To?)
  20. 8.あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
  21. 9.楽園の追放者(Somebody To Love)
  22. 【Good Dog Happy Men】
  23. 1.Nightmare’s Beginning
  24. 2.Bit by Bit
  25. 3.大行進
  26. 4.Pretty little horses
  27. 5.そして列車は行く
  28. 6.Apple star storyS
  29. 7.Sweet heart of moon
  30. 8.ユートピア
  31. 9.前夜祭
  32. <ENCORE>
  33. 1.黄金の鐘(オリジナルver.)
  34. 2.(Can you feel?)〜Most beautiful in the world〜
Poet-type.M プロフィール

ポエトタイプドットエム:2014年に再結成した3ピースロックバンドBURGER NUDSのメンバーであり、現在活動休止中のGood Dog Happy Menの門田匡陽のソロプロジェクト。13年10月2日に初のフルアルバム『White White White』をリリース。15年1月31日に独演会『A Place, Dark & Dark -prologue-』を開催し、その独演会を皮切りに1年を通して“夜しかない街”の物語を春夏秋冬に分け、音楽で綴っている。16年4月17日には『A Place, Dark & Dark』最終話となる独演会『God Bless, Dark & Dark』の開催が決定している。Poet-type.M オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着