【MONOEYES】『Cold Reaction Tour
2015』2015年12月17日 at 新木場STU
DIO COAST

撮影:Viola Kam(V'z Twinkle)/取材:帆苅智之

 この日のオープニングSE『STAR WARS』のテーマ曲になぞらえて、MONOEYESにサブタイトルを付けるとするなら、 “細美武士の逆襲”、“細美武士の帰還”、あるいは“細美武士の覚醒”といったところだろうか。ポップかつキャッチー、それでいて叙情的なメロディーラインを持つ細美作のエモーショナルなロックチューンは当たり前のことだが、ELLEGARDENともthe HIATUSともメンバーが異なるのだから当然音が違う。そして、楽器のアンサンブル以上にはっきりとこのバンドの特徴だと思えたのは細美とスコット・マーフィー(Ba&Cho)とのコーラスワークで妙味だ。1stアルバム『A Mirage In The Sun』のCD音源を聴いた限りではそこまで意識しなかったが、細美とスコットとは声質が似ているのか、細美が発する英語にスコットのネイティブな発音がマッチしているのか、はたまたライヴを重ねて息が合ってきたのか、とにかくこのふたりの声の重なりは聴いていて実に気持ちがいい。細美曰く“来年はスコットの歌うMONOEYESが増えていく”ということだが、これは大歓迎だ。ART-SCHOOLではスリリングさが目立った戸高賢史のギターも、歌メロに呼応してか、時にやわらかく、時にキレキレで、そこが新鮮であった。そして、一瀬正和の確かなドラムがこのバンドをしっかりと支えていた。MCの度に細美は“楽しいっ!”を連発していたが、観ているこちらの感想もその言葉に尽きた。実に清々しいライヴだった。

セットリスト

  1. Cold Reaction
  2. Like We've Never Lost
  3. Just A Little More Time
  4. When I Was A King
  5. Do I Have To Bleed Again
  6. Get Me Down
  7. My Instant Song
  8. Homely Girl
  9. 明日公園で
  10. Somewhere On Fullerton
  11. End Of The Story
  12. What I Left Today
  13. Wish It Was Snowing Out
  14. Run Run
  15. Remember Me
  16. グラニート
  17. <ENCORE>
  18. My Instant Song
  19. When I Was A King

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着