取材:フジジュン

つしまみれとパワーパフガールズがまみ
れてます

5月にアルバム『つしまみれとロックとビアで』をリリースした後は全国ツアー、そして全米ツアーを敢行。日本、アメリカと続けて回ったことで、違いもより見えたと思うのですが。

まり
日本が盛り上がってきたな!っていうのを改めて感じて…都内は動員も増えて、モッシュやダイブで盛り上がってくれるようになったけど、その勢いを各地で感じることができたし、地方にもしっかり新しいシーンが生まれているなって。ウチらをどこかから聴いて、好きになってくれている人も必ずいて、全国ツアーはすごく手応えを感じたんです。で、アメリカに行くと、まったく誰も知らない所でやるスリルや、そのお客さんを掴んだ時の“勝った!”みたいな気持ちがあって。もちろん、悔しい思いをすることもあるんですけど、基本的には“楽しい!”ってことばかりだし、頑張った分だけ反応が返ってくるって意味では何も変わらないですね。
やよい
やっぱりアメリカの方が反応は分かりやすいですけどね。初めての場所でも掴んだ時は反応がすごいから、そこで得られる快感が大きいんです。
まり
すごいよね、手を握って抱きしめて、ホッペにチューして、“アナタたち、最高にロックよ!”って(笑)。

アハハハ。そして、最新作『Six Mix Girls』ですが。これはアニメ『パワーパフ ガールズ』とのコラボ作ということで。

まり
はい。「HYPER SWEET POWER」は、初の英語の歌詞の曲で。“日本人なら日本語だろう!”ってずっと思ってきたんですけど、『パワーパフ ガールズ』はアメリカ生まれのアニメだし、カートゥーン・ネットワークでPVも流してもらえるということで、“英語で歌えば、世界中の人に伝わるかも”と思って、英語詞に挑戦しました。でも、辞書は引かないで、アメリカツアーの時に自分たちが日常で会話している言葉や、お客さんに言ってもらった言葉を使って、私たちなりの英語で歌っています。そこでは私たちのことも歌っているし、『パワーパフ ガールズ』のことも歌っているから、タイトルも“6人の女の子がまみれてる”って意味で“Six Mix Girls”にしたんです。

だから新しい試みながら、すごくつしまみれらしいし、パワーパフ ガールズのイメージともピッタリで。まみれた感じがすごく良いバランスで、新しいパワーを生んでいます。

まり
最初、『パワーパフ ガールズ』が10周年で、“何かコラボしたい”ってお話をいただいたんですよ。つしまみれも来年で10周年だし、史上最強の女の子バンドなので(笑)、すごく面白いと思ったし、スタッフの方も“ピッタリだね!”って言ってくれて。アメリカでは『パワーパフ ガールズ』の人形を持ってステージに出て。“この曲はロッキンガールズとラッキーボーイズに捧げる、私たちの曲よ!”って伝えたら、みんなが“イエ~イ!”って盛り上がってくれて、“ブロッサムー!”ってキャラクターの名前を叫んだりして(笑)。すごく気持ち良かったんです。

そこで“自分の言葉で歌う”ってこだわりがあるのも、楽曲がより聴き手に伝わる理由のひとつでしょうね。

まり
自分たちの言葉で歌いたいってのはこだわりましたね。カッコ悪いことはしたくないってところで英語は敬遠してきたんですけど、何度かアメリカに行くうちに“英語で歌いたい”って気持ちも生まれてきて…ま、私たちの英語なんてヒドいもんですけどね。“I Love BEER!”ですから。
みずえ
そしたら、ステージに6本くらいビールが並んでね。
まり
ライヴ中、足元にあってすごい邪魔なの(笑)。
つしまみれ プロフィール

まり(vo&g)、やよい(b&cho)、みずえ(dr&cho)千葉大学バンド・サークルで出逢い、99年に結成。コピー・バンドを経て結束を深めた3人は今までにない楽曲作り、3人でしかできないオリジナル曲を制作、01年より大学外でのライヴ活動をスタートさせ、千葉LOOKを拠点に、徐々に都内へ進出。04年春、無名の状態で飛び込んだアメリカが熱狂、同年8月には<BENTEN Label>よりデビュー・アルバム『創造妊娠』をリリースした。

04年〜06年には、ELLEGARDEN、PE'Zなど大物日本バンドとのツアーでヘッド・ライナーを務め、アメリカで人気のスーサイド・ガールズとのロング・ツアーが全米で話題を呼び、これまでに行った全米ツアーは150本を超える。また、07年7月に1stミニ・アルバム『脳みそショートケーキ』を発表後、渋谷クラブクアトロで行われたワンマン・ライヴを満員で終え、年末には初となる『COUNTDOWN JAPAN 07/08』に出演。

08年9月より2年ぶりとなる全米ツアーを敢行、アトランタで開催されたアニメフェスにも参戦。帰国後、12月にパワーパフガールズとのコラボを実現したミニ・アルバム『Six Mix Girls』をリリース。年末には2年連続となる『COUNTDOWN JAPAN 08/09』に出演し、COSMO STAGEを熱狂の渦に変えた。そして、09年6月、夏をテーマに唯一無二の世界観がたっぷり凝縮された1stフル・アルバム『あっ、海だ。』をリリースし、日本の音楽シーンを動かすべく活動中。かつ、世界中につしまみれの音楽を届けるべく活動を展開している。つしまみれ Official Website
つしまみれオフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着