取材:土内 昇

風花としてやりたいことが出せた

Kakkyくんのパートがアコースティックギターということは、最初からアコギをフィーチャーしたバンドをやろうと?

ミズマ
Kakkyとはストリートを一緒にやってて、チョリとヒロキとは一緒にバンドをやろうってことになってたんですよ。で、ギターがいないってことでKakkyを誘ったら“アコギしかやらへん”って言われたんですけど、“リードギターがアコギってのもおもろいな”って。そんな感じで始まったんですよ。

では、どんな楽曲やサウンドを作っていこうと?

ミズマ
歌もののポップスをやるってのは決まっていたから、景色が浮かんでくるような温かいサウンドで、メッセージが伝えられたらなって。歌詞は作りすぎてしまうと自分っぽくないから、素直さだったり、言葉のやわらかさを確かめながら書いてます。字面的にすっきりくるからひらがな表記にしたりして。
Kakky
そんな歌の世界観や歌詞のストーリー性をどうアコギで広げていけるかってのを考えてますね。
チョリソー
ベースは…やっぱり、まずはメロディーがあって、そこに色を付けていくって感じですね。
香深井
ドラムもメロディーが一番なんですけど、アコギも引き立たせて、出れるところでは自分も出る!(笑)

曲を作る時から歌とアコギのことを考えて?

ミズマ
僕が作る時はKakkyが歌に合わせてアコギを入れてくれるし、Kakkyの曲に僕が歌詞を付ける時は、その時点でアコギが前に出てきてるんで、そこからイメージをもらってるから、意識するって言うよりは、僕は自然とそうなってますね。
Kakky
やっぱり歌と歌詞が聴こえることってのは意識してますね。僕が曲を作る時はメロディーの聴きやすさや、覚えやすさは注意してます。今回の「サクラサクナ」は自分がいいと思うようにやった…ストレートに作ったんですけど。
ミズマ
でも、そのKakkyの原曲を聴いた時に、自然と風景が浮かんだし、言葉もスラスラ出てきたんですよ。卒業とか、人生が切り替わる時の曲なんですけど、自分もその時にフラッシュバックした…高校を卒業する時に好きな人がいたんで、その人と離れてしまうっていう時の気持ちを思い出して、その気持ちをいかに素直に歌詞にできるかって感じでしたね。

そんな「サクラサクナ」をデビュー曲に選んだ理由は?

ミズマ
レコード会社が選んだんですけど、僕は今回のデビューの話が決まる前から、どうしても「サクラサクナ」をこの時期に出したい…しかもメジャーで出したいって思ってたんですよ。出せなかったら、もう自分はあかんってぐらいに思ってて、そういう話をメンバーにもしてたら、メジャーデビューが決まって、この時期に「サクラサクナ」を出そうってことになったんです。

カップリングはインディーズ時代の曲なんですよね。

ミズマ
インディーズ時代に出した全部の曲の中でも自分らの好きな2曲なんで、それを単純に聴いてほしいなって。だから、「サクラサクナ」は卒業とか旅立ちの曲…自分でもその時を思い出してグッとくるぐらいの心情を書いた曲で、僕らはそういう曲が多いんですけど、「青い花」みたいな疾走感のある曲もあるんで、いろんなバリエーションがあるっていうことが分かってもらえるんじゃないかな。

手応えあるデビューシングルになりましたね。

チョリソー
どんな人に聴いてもらっても“いい曲だね”って思ってもらえる3曲が入っていると思いますね。
香深井
風花としてやりたいことがちゃんと出せたかなって。
風花 プロフィール

フウカ:2004年に結成。リードギターがアコースティックという他にはないスタイルで独自のサウンドを追求。09年2月にシングル「サクラサクナ」でメジャーデビューを果たす。風花 オフィシャルサイト
風花オフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着