取材:高橋美穂

このアルバムに拘束されて、自由になっ
てほしい

まず、タイトルからして非常にインパクトがありますね。

“何かに拘束されることで自由になれる”っていう私の中の哲学があって。“Bondage”って、物とか人とかの関わりが必要で、ひとりでは成立しないことだと思うんですね。拘束って、別々のものがつながるって感じがして、人との正しい付き合い方な気がするんです。だから、このアルバムでいろんな人を拘束したいですね。それでいろんな人が自由になれたらいいなって。

菜奈さんの哲学が明確になったからこそ、このアルバムは生まれたのかもしれませんね。

そうですね。作る前に、私がやるべきことを捉えられるようになってきたんです。自分のことを客観的に見れるようにもなったし、やりたいことを形にできる状況も整ってきてて。

また、哲学がありつつも、それがいろいろな色で表現されてますよね。狂気的な楽曲もあれば母性的な楽曲もあって。

不思議なんですけど、自分の中にはたくさんの自分がいると思っています。分かりやすく言うと、仕事が好きっていう自分と、ダラダラしたいっていう自分とか(笑)。そういうのを自然にやってるだけなんですよ。どれも私って肯定したいんで。あとは、私の中でもバランスをとってるところもあるのかなって思います。ずっと狂気的ではいられないし、かといってずっとやさしくもいられないし。

統一しないことによって、人間臭い音楽になってますよね。

意志や感情をストレートに出したかったんです。赤ちゃんの泣き声とか、雷が落ちる音とか、発情期の猫の鳴き声って説得力があると思うんですよね。耳がいくし、言葉になってなくても意志がある音だなって。そういう音楽を作りたいと思ったんです。あざといこととか、計算とか…作っていく上で計算はしなきゃいけないのかもしれないですけど、歌う瞬間に関しては一切排除するようにしましたね。だから、あんまりきれいにしないように気を付けて(笑)。技術を使えばきれいにできるかもしれないけど、それを私がやってしまったら元も子もないなって。手作りのものが歪で温かい、みたいな感じですかね。

それはこの時代に於いて、非常に意味がある表現ですね。

機械的なものが増えて、温もりが失われてきているのは、すごく悲しいと思う。機械的になっても、人間の意志は残るべきだし。レコーディングも進化してるけど、昔のレコードとか聴くと、録り直したら前のテイクが消えちゃう時代だったから、一回に懸ける精神がすごくって、緊張感が宿ってるんですよね。今はある意味気楽な時代だと思う。ただ、前のテイクが残ってるから、やっぱり前のにしようって選択できるのも、いいことだとは思うんです。だから、それを上手く使わなきゃいけないなって。

いいことは取り入れて、残すっていう。

そうそう。そうやって前に進まなきゃいけない。

そういう方向性は、サウンドプロデューサーの根岸(孝旨)さんや、西川(進)さんや、恩田(快人)さんに話しました?

そうですね。“その音は、今はSFのエイリアンの声みたいだけど、もっと天の神の叫び声みたいな感じにして”とか、そんなことしか言えなかったから、みんなすごい手探りで(苦笑)。でも、私が何のためにそういうことを言うのか、理解してくれて、付き合ってくれた。セッティングに時間がかかって、ギター一本しか録れない日とかもありましたけどね(苦笑)。でも、それで一音一音の念を大事にすることができました。私はソロだから、今までそこまでやるのが難しかったんですけど、やっとそういうことを行き渡らせられるようになりましたね。
北出菜奈 プロフィール

大人気アニメ『鋼の錬金術師』のテーマ・ソング「消せない罪」で鮮烈なデビューを飾ったシンガー、北出菜奈。87年北海道に生まれた彼女は、好きな言葉を「幸か不幸かは自分次第」と豪語する、肝の据わった歌い手である。また、歌うことと詞を書くことが大好きだと言う彼女は、「聴き手の感情を揺さぶる歌手になりたい」とも叙情する。「今時の若いモンは……」とうそぶく人は確固たる信念を持つ若ものがいることも知るべきだ。無知をひけらかして恥ずかしくないのか? ともあれ、キュートだが仄かにパンクな魅力を放つ実力派ロック・シンガー、北出菜奈に注目しよう。北出菜奈 オフィシャルサイト
北出菜奈 オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」