L→R フミ(Ba&Vo&Synthesizer)、ハヤシ(Gu&Vo&Pro)、カヨ(Synthesizer&Vo&Vocoder)、ヤノ(Dr)

L→R フミ(Ba&Vo&Synthesizer)、ハヤシ(Gu&Vo&Pro)、カヨ(Synthesizer&Vo&Vocoder)、ヤノ(Dr)

【POLYSICS】結局、ニューウェイブ・
パンクがやりたいんです!

世界最強のライヴバンド・POLYSICSが、2009年一発目となるシングル「Shout Aloud!/Beat Flash」をリリース。ライヴの熱をそのまま密封したような今作について、ハヤシ(Gu&Vo&Pro)とフミ(Ba&Vo&Synthesizer)が語る!
取材:フジジュン

09年明けから、ライヴが続いているPOLYSICSですが、現在のバンドのモードはどんな感じなのでしょう?

ハヤシ
僕の中では、今、体中の細胞が騒ぎ出そうとしていて、かなり燃えているんです。だから、ここからさらに加速したい!と思っている感じです。

そのアグレッシブさは、シングルからもビンビン伝わってきますよ。今作を聴いてパッと思い浮かんだのが“ライヴ感”や“原点回帰”という言葉で、ここで一度リセットして、再加速するという気持ちもあるのではないかと思ったのですが。

ハヤシ
ほぉほぉ。確かにリセットって気持ちはあるかもしれない。僕らの中で『Now is the time!』『KARATE HOUSE』『We ate the machine』が3部作って気持ちがあって、そこでやりたいことはひと通りやれたと思うし、やれるバンドになったし、ライヴもだいぶ変わった感じがあるし、ひとつやりきった感があるんです。で、次にどうしようか?と思った時、さらに突き詰めようとは思わなくって…そんな時、POLYSICSの過去音源を聴く機会がたまたまあったんです。

デビューアルバム『1st P』、2ndアルバム『A・D・S・R・M!』のリマスター盤のリリースですね。

ハヤシ
そうそう。その作業をしていたら、これはこれで面白いな!って。僕、昔の音源が好きじゃないんですよ。というのも、音は嫌いじゃないけど、当時急にお客さんが増えたことへの戸惑いと、そこでバンドとしてあまり成長できなかったことへの苛立ちを思い出してしまうからあまり聴きたくなくて。でも、今回聴いてみたら、“これは新しい!”と。“今も当時もこういうバンドはいない!”って。当時は家で作った曲をバンドに置き換えるっていう作業をしていたんだけど、それを今やったら面白い物ができるんじゃないかと思ったんですね。昔はテクニックがなかったけど、今はバンドに体力が付いて、メンバー同士の信頼もあるんで。そこで作ってみたら、「Beat Flash」みたいな曲ができたんですよね。
フミ
当時、私はお客さんとして観ていたんだけど、やりたいことをどう形にして良いのか分からないけど、熱だけはあるっていうのは感じてましたね。だから、当時の感じを今の自分たちが具現化することに面白さを感じました。
ハヤシ
結局、せわしなく電子音が鳴り、早いビートとスラッシュな展開にギターがガシャガシャ鳴っているニューウェーブ・パンクがやりたいんですよね。あと、ライヴでももっとハッピーな空間を演出するバンドになっていかなきゃなって思った時、さらに加速していきたくなったんです。そこでできたのが「Shout Aloud!」だったりして。

歌詞ではライヴや音楽をやることへの新鮮な喜びを、ハヤシさんにしてはかなりストレートな表現で歌っていますよね。

ハヤシ
これまで直接的なメッセージはあまり言いたくなかった。理由は簡単で、そういう音楽があまり好きじゃなかったってことなんですけど、そうは言いながらも『We ate the machine』では意識しないところで、歌詞に人間が出てしまっていたんですよね。そこで考えた時、僕らはサウンド面ではカッコ良い物を作れる絶対的な自信があって、バンドのグレードも上がっているのに、歌詞ではストレートな表現を避けているのがオカシイんじゃないかと。そう思うようになったんです。サウンドはカッコ良いのに、歌詞はあいまいな表現だったり、ただの言葉の羅列だったりするのが面白いと思わなくなってきてしまったんです。

あれあれ、これは大きな心境の変化ですね。

ハヤシ
それを思わせてくれたのは、やっぱりライヴで。去年の秋頃からヨーロッパとアメリカと日本で続けてライヴやって、オーディエンスの違いがハッキリ分かったんです。やっぱりね、日本のオーディエンスはすごいですよ。狂ってる!

ダハハハハ!

ハヤシ
あのね、こんなに発狂して、こんなに暴れまくってるオーディエンスって他にないですよ。
フミ
ステージに対しての集中っぷりが全然違うよね。
ハヤシ
海外だと空間を楽しみに来ているということがあるんですけど、日本はそうじゃないでしょ?
フミ
首にタオル巻いて臨戦態勢で来るもんね(笑)。
ハヤシ
もうね、歓声が塊になってぶつかってくるんですよ。それでその衝動を書いたのが「Shout Aloud!」で。今は早くこれをライヴで歌いたいなって思っているんです。

なんかハヤシさん、かなり素直になったというか…ちょっと大人になったんじゃないですか?

ハヤシ
いやいや、全然大人じゃないですよ。この雑誌のWEB用に撮った映像見てください。ヒドいですから(笑)。
「1st P/A・D・S・R・M!」
    • 「1st P/A・D・S・R・M!」
    • DCRC-0062〜3
    • 2009.02.25
    • 2940円
    • 「Shout Aloud!/Beat Flash」
    • KSCL-1358
    • 2009.03.11
    • 1223円
POLYSICS プロフィール

ポリシックス:1997年3月に結成。結成当初から揃いのバイザー、特異なライヴパフォーマンス、爆音ギターとシンセサイザーやボコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させた稀有なサウンドで注目を集める。日本武道館単独公演や250本以上の海外ライヴなど、精力的に活動。結成20周年となる17年、10月に新メンバーのナカムラ リョウを迎え4人体制となり、11月にはニューアルバム『That's Fantastic!』をリリースする。POLYSICS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着