取材:石田博嗣

世界を旅しているような気持ちで聴いて
ほしい

「もともとはギターを弾いていたんですが、その時も大きめのギターでグレッチを使っていたんですけど、見た目も含め“もっと大きい楽器が欲しい!”って。ただ漠然とそう思って、チェロが欲しいと思ったんです」(Yukko)

2月18日にアルバム『ゆめの在りか』でメジャー進出を果たした、のあのわ。バンドメンバーの中にチェロ奏者がいるだけでもインパクトがあるのに、なおかつヴォーカルも務めるという。しかし、チェロを導入したのは冒頭の理由から…。ある意味、その衝動もロックだろう。当然のように、チェロをフィーチャーした彼らのサウンドは、各パートが音色を紡ぎ合い、楽曲の世界観をドラマチックに彩りながら1曲の中でもさまざまなシーンを織り上げていく、独創的なものである。

「色の違った個性豊かなメンバーなので、5人のカラーがうまいこと混じり合ってそう見えてるのかもしれないですね。ドラマチック感とかも、曲を作っている中で“この後にこうしたらグッとくるねー”と話しながら、自分たちが演っていて気持ち良い場所を探してるので、それがそのまま色濃く出てるのかなーと思います。もし音がぶつかったりしてもなるべく頭で考えず、“気持ち良ければOK”みたいな感覚優先で選んでたりしますしね」(ゴウ)

また、ポジティブでファンタジックな歌詞も、のあのわの音世界を作り上げている重要な要素のひとつである。

「歌詞の大きなテーマとかは、楽曲を聴いてイメージしてるので、曲が呼ぶ世界感というのは大きいですね。その中でも、今の自分の位置で言える、背伸びしない等身大の気持ちや思いを書いています」(Yukko)

つまり、そんな彼らの魅力が『ゆめの在りか』には詰まっているということだ。

「一曲一曲がみんな個性的で、バラエティに富んだ曲が集まってるんですが、これが不思議とまとまりのある、何度も繰り返し聴ける心地良い作品になったと思います。絶妙のバランスになりました」(Yukko)
「まるでミュージカルを観ているような、もしくは遊園地にいるような、または世界を旅しているかのうような気持ちで聴いていただけるとうれしいです」(ゴウ)
のあのわ プロフィール

チェロ弾きの歌姫Yukko率いる音楽団、「のあのわ」。
天性のヴォーカル力を持ち、チェロを操るYukkoとドラマチックでエモーショナルなサウンドが独特の世界観を作り上げ、誰もが忘れかけている“圧倒的な歓喜”を提供する唯一無二の音楽性を備え持つ音楽団。

高校の同級生だったVo&Cello.YukkoとGt.ゴウが当時の同級生と共に元となるバンドを結成。その後、ゴウと大学の音楽サークルで一緒だったBa.nakameが加わり、05年に新たに
ネットでメンバー募集したことをキッカケにKey.荒山リクが加入。
それと同時に、バンドに新たなエッセンスを入れたい!と思っていたVo.Yukkoがチェロを楽曲に取り入れるようになった。この頃から本格的にライヴ活動をスタートさせる。

07年、Gt.ゴウの近所に在住していたDr.本間シュンタが加入し、現在の"のあのわ"となる。のあのわ オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。