L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

2009年第一弾であり、アルバム2枚同時発売後のシングルとして届いた「PUNKY♥HEART」。その突き抜けたサウンドも含め、新たな一歩を踏み出す彼らの気持ちがこもった1曲だと言える。
取材:土屋京輔

PUNKY・HEART」の原案はかなり前からあったそうですが、この時期に発表されるのが興味深いですね。

maya
原曲の原曲みたいなものを作ったのはずっと昔ですけど、それをようやく形にしたのは去年なんですよ。でも、このタイミングだからこそ、完成したと思うんですよね。
Aiji
「DAYS」が先に仕上がってたんだけど、リード曲をどうしようかと思っていた時にこの曲を聴いて、2009年一発目、アルバム後の初のシングルとしてはこれだなと直感しましたね。テンポ感もあって、突き抜ける感じもあって。
maya
でも、不思議なんですよね。まだLM.Cという名前も決まっていない頃から含めて、今までのストーリーの流れを歌詞に書きたいなと思ったんですけど、どこに視点を置くか、どの時間軸で切り取るかによって聴こえ方も違ってくる。そこで歌われる“僕ら”というのは、我々のことであり、増えた仲間のことでもあるし、今だから言えるLM.Cのスタートの頃の気持ち…そういうものが満載の曲かな。

冒頭部分の言葉からも当時の気持ちが読み取れますね。

maya
傍から見たら意味がなさそうなものってたくさんあると思うし、“周りの人はどう思うんだろう?”とか、誰でも気にすることはあると思うんですよ。でも、よく考えたら、自分が楽しめる、笑えるほうが大切なんじゃないかなって。もちろん、確信があるに越したことはないですよ。ただ、衝動や動き出すきっかけってそういうところじゃない。それは後から付いてくるし、自分で作り上げていくものかなって。
Aiji
自分でも、改めての決意表明みたいには捉えていて。しっかり手を差し伸べて誰かを救うことはできないかもしれないけど、一緒に歩くこと、背中を押してあげることはできる。LM.Cとしてはそうありたいし、この時期にこういう楽曲をまた出せるのは、すごく意味のあることだと思います。

カップリングの「DAYS」は、テーマ曲を担当していたアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』の任天堂DSソフトのオープニングに起用されるそうですね。

Aiji
そうですね。制作側からは“以前の「88」や「BOYS & GIRLS」みたいな曲を”と言われてたんだけど、アニメっていう世界観の中で、また違う色合いを見せたいなと。

ハードな音も特徴的ですが、「PUNKY・HEART」の後に出てくるだけに、さらに畳み掛けるような印象でした。

Aiji
それに「PUNKY・HEART」越しの「DAYS」だからこそ、歌詞の見え方もちょっと広がる。お互いにいい意味で補完し合うというか、面白いなぁって。これがアルバムの中の2曲だったら、また解釈が違ってくると思うんですよ。
maya
どちらかの曲に主人公と相手役を設定したとしたら、もうひとつの曲では逆になるというような。そんなイメージにはなりましたね。ただ、大きな意味で言えば、ゲームの資料にもあった“運命”といったキーワードを思わせる内容に直結してる気はしますけど。どちらの歌詞も書いた時期は違うから、これも不思議と結果的なものなんですよね。

さて、5月2日の東京・日比谷野外大音楽堂公演は終えていますが、今夏に向けてはどんな活動の予定ですか?

Aiji
一昨年、『CRAZY A GO GO』というツアーをやったんですけど、同じタイトルで今年も東名阪を回ろうかなと。あとはいずれ出る次のアルバムなどを見据えつつ、コンスタントに作品作りができたらいいなと思いますね。
「PUNKY♥HEART」2009年05月20日発売PONY CANYON
    • 初回盤A(全3曲収録)
    • PCCA-02904 1260円
    • 初回盤B(全2曲収録+DVD)
    • PCCA-02905 1575円
    • 通常盤(全2曲収録)
    • PCCA-70241 1050円
LM.C プロフィール

エルエムシー:2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」