取材:土内 昇

「夢のマニュアル」は『家庭教師ヒットマン REBORN!』のエンディングに起用されていますが、それは曲を作る時から意識していたのですか?

MEEKO
最近のシングルは恋愛ものが続いてるんですけど、イメージ的に『REBORN!』だと恋愛よりも夢とかなのかなってのは考えましたね。もともと、この曲って「恋のマニュアル」だったんですよ。でも、夢バージョンも書いてみたら、夢のほうが元気がいいってなって、「夢のマニュアル」になったんです。

その歌詞ですが、夢を叶えるための教則本的な内容を想像していたのですが、逆に“夢のマニュアルなんてないから したいようにすればいいんじゃない?”というものだったので、MEEKOさんらしいと思いました。

MEEKO
ありがとうございます(笑)。自分で“これ!”と決めたら、ずっとそれを目指すっていうよりかは、いろんなものに影響されながら、どんどん変わっていくと思うんですよ。特に、音楽はそうで…私自身、このバンドを作った時は“こういう音楽がやりたい!”と思ってたけど、途中で“もっとこういう要素も入れよう”っていろんなものを吸収してるし、そうやって成長しているって感じてるんですね。だから、夢のマニュアルなんてないんだから、その時々で自分で対応していこうよって。

この曲は打ち込みの要素が強いのですが、最初からイメージとしてあったのですか?

MEEKO
この曲はリーダーの83に“こういうテイストの曲がやりたい”っていうビジョンがあったみたいで、最初に持って来たデモもドラムが打ち込みで、ギターも入ってない…ベーシストなのにベースすら入れてなくて、エレクトロポップって感じだったんで、“これをチェリブロでやるの?”って思ったんですよ。でも、ドラムを生に変えたらバンドっぽくなったから、それと打ち込みをうまく絡めたら面白くなるんじゃないかなって、いつの間にか私自身もそう思うようになりましたけどね。だから、私よりもリーダーの世界観が強いっていう感じです。

コーラスも印象的でした。

MEEKO
ぶっちゃけたことを言えば、バックが打ち込みだけに、すごくシンプルだったから入れたんですね。でも、コーラスを入れたことによってリズム感っていうか、弾むような感じが出て、一歩一歩夢に向って進んでいる雰囲気がすごく伝わるようになったかなって思います。

MAICOさんが最初に聴いた時の印象は?

MAICO
最初に聴いた時は恋の歌で…若い女の子がキュンキュンするようなイメージの(笑)。曲の雰囲気もかわいくて、もう「恋のマニュアル」の時点でほぼ完成してたんですよ。だから、そこから歌詞を変えるのは大変だっただろうなって(笑)。曲自体も今までで一番打ち込みの要素が強いから、“新たなチェリブロ”みたいな印象を受けました。

カップリングのバンドサウンド全開の「センチメンタル」も含め、今作はバンドの勢いみたいなものも感じました。

MEEKO
曲を作っていくと、どうしても似た曲ができてくるんですけど、それは仕方がないと思うんですよ。その人の個性や癖があるし。でも、そう思うようになってから曲がバーってできるようになった…“たまには、こんな曲を作ってみようかな”って作ったりして、ほんと自由になったんですね。だから、いろんなカラーの曲が作れるようになって自分の音楽に対する考えた方が変わったし、メンバー自身の気持ちも変わったと思いますね。
CHERRYBLOSSOM プロフィール

名古屋発、アグレッシブな女性ツイン・ヴォーカルが耳に残る元気いっぱいの5人組バンド。同じく名古屋出身で全国的に活動しているスカバンド“midnightPumpkin”を06年に脱退したベースの83(ヤス)がメンバーを集めて結成した。通常のドラム、ギター、ベースという編成に、歌もラップもこなすMEEKO&ハモリとヴォーカル担当のMAICOというツイン・ヴォーカルが加わっているのがユニークな点。作詞・作曲もほとんどMEEKO&MAICOが担当しており、若い女性のリアルな気持ちを綴ったリリックも熱い支持を集めている。07年12月にシングル「DIVE TO WORLD」でメジャー・デビューを果たしていたが、09年の4thシングル「桜ロック」がアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN』エンディング・テーマに起用され“桜ソング”として注目を集めている。CHERRYBLOSSOM Official Website
CHERRYBLOSSOM オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着