取材:土屋恵介

日本のウェッサイシーンで活躍してきたSAYさんですが、これまでの活動内容を教えてください。

個人としての活動以外にも、DS455のDJ PMXさんのトラックに呼んでいただくことが多かったですね。他にもOZROSAURUSさん、BIG RONさんなどの作品にフィーチャリングで参加させてもらったり。ルーツとしてはブラックミュージックを中心に聴いてきたんですけど、そういう出会いもあってウェッサイシーンにのめり込んでいきました。

作詞作曲も手がけていますが、歌詞で心掛けてる点は?

私は実体験しか歌詞が書けないので、その時の自分にさかのぼったりして書きますね。常に歌詞の主人公が自分なので、人に伝わるように言葉の綴りとかを考えます。

その言葉が鮮明に伝わるきれいな歌声ですが、歌に対してはどういう姿勢で向き合っているのですか?

歌に対しては、何よりも誠実に向き合っています。音楽という大きなものに対して、自分がブレると絶対納得いくものが作れないので、バカ正直に(笑)。あと、気持ちも、フィジカルも、気張らずにいくといい歌が歌えると信じてますね。やっぱり練習で無理なものは、本番でもできないですから。それで過去何度もコケてきたので…日々の積み重ねが大事ですよ(笑)

もっと早くにデビューしても良かったのでは?

“音楽で生活したい”って、上京してからちょうど10年。これまで現場で他のアーティストさんやお客さんの反応から教えられたことがたくさんありました。それが今の私の土台となり、アーティストとしての基盤を固めていた時期だったので、今のタイミングでデビューできて良かったと思います。

では、「Let's get a party」について。DS455のKayzabroさんをフィーチャーした、週末のクラブがテーマのファンキーでメロウなナンバーですね。

トラックメイカーのicedownさんからトラックをいただいた時に、みんなで踊りたくなる曲に仕上げたくて。リリックは、ちょっとだけ大人なラグジュアリーなパーティチューンをコンセプトに書きました。あと、私の中のウェッサイサウンドってメロウでパーティなイメージがあったので、どストライクなこの曲をデビュー曲にしたかったんです。

いつも以上にレコーディングは気合いも入ったのでは?

と思うじゃないですか(笑)。カップリングの『Can't Stay Away From You』は、バラードなのでひと言ひと言を大事に録っていったけど、この曲はノリ一発の方が良いものが録れると感じていたので、ブースの中でひとりパーティ状態で、普段のまんまな感じで歌いました(笑)

あと、本作を聴いて、自分の音楽はもちろん、ウェッサイをもっと広い層に聴いてほしいって想いがあるのかなと。

今までサポートしてくれたウェッサイのシーンに、今度は自分が何か返したいっていうのも強いですね。クラブが怖いってイメージの人もいるかもしれないけど、ハッピーな人たちの集まりだし、逆に現場じゃないと届けることのできない想いも詰まっている空間なので、クラブやライヴに足を運んでもらえるように貢献していきたいです。ライヴに強いアーティストになりたいというのは、歌を始めた時からあったんですけど…特にヒップホップやウェッサイってライヴで魅せられなきゃダメな世界ということもあって、さんざん叩き込まれてきた人間なので、そこは自信を持って頑張っていきたいです。
SAY プロフィール

長野県出身。牧師である父親の影響で幼い頃からゴスペルを聴いて育ち、中学時代に耳にしたTLCにショックを受け、ストリート・ダンスと作曲を同時に始める。高校卒業後、デビューを目指して上京、都内や横浜を中心にライヴ活動をスタート。歌やダンスをステージで披露することはもちろん、作曲/作詞/サウンド制作/レコーディングなど全て自ら行うマルチな才能をもつアーティスト、それがSAYだ。

05年12月に自主制作アルバム『Here I am』を発売するや否や、ライヴ会場のみで2,000枚を完売。エッジの立ったクラブ系サウンドに、爽快感が漂いつつも芯の通ったメロディと唄声は日増しに注目度を上げていく。また、この頃よりジャパニーズ・ウェッサイ・シーンを中心に活動をはじめ、シーンの代表的アーティストであるDS455「INTO YOU feat.SAY」(09年)、TWO-J「SUMMER TIME MAGIC」(09年)、OZROSAURUS「風吹く土曜」(06年)、BIG RON「Summer High」(05年)に参加するなどシーンには欠かせない女性ヴォーカリストとしての存在感を強めていく。

09年8月にはDJ☆GOプロデュースによる「スーパースター」を配信。多数のクラブ系着うた(R)配信サイトにて堂々の1位を獲得。そして同年11月、<EMI Music Japan>よりKayzabro(DS455)をフィーチャリングに迎えたラグジュアリー・サウンド満載のパーティー・チューン「Let's get a party feat. Kayzabro(DS455)」でメジャー・デビュー。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着