L→R 福井健太(Ba)、波多野裕文(Vo&Gu)、山口大吾(Dr)

L→R 福井健太(Ba)、波多野裕文(Vo&Gu)、山口大吾(Dr)

【People In The Box】意見をまとめ
る必要はないと思ってる

絡み合う音像の中を澄んだ歌声が貫く、独自の世界観を持つ楽曲を生み出してきた3ピースバンド、People In The Box。ミニアルバム『Ghost Apple』以来の音源となる1stシングル『Sky Mouth』が完成!
取材:高橋美穂

今回のシングルは1枚を通してつながっているような印象だったのですが、コンセプトがあったのですか?

波多野
いえ、特にそういうのはなくて。2曲目の「天使の胃袋」がもともとあって、それをレコーディングしようと。で、ボリューム的には3曲ぐらいでやろうと思ったので、残りの2曲は「天使の胃袋」を居心地の良いかたちでいさせてあげるように曲作りはしたんですけど。

なるほど。歌詞に関連性が出てる気がしたんですよ。

波多野
結局、出ちゃうんですよね。僕から出てくるものっていう次元でもありつつ、3曲収録される作品の枠で作るっていうレベルでもありつつ、そこはもうこの作品に限らず関連はしてきますね。ただ、あえてって部分ではないんです。計画すると僕、全然作れないんですよ。

「天使の胃袋」は、いつくらいからあった曲ですか?

波多野
前作より前からあって。ライヴでも何回かやってて、いつかレコーディングしたいと思ってたんです。

インパクトあるタイトルですが、名付けた理由って?

波多野
音楽にとって言葉が生まれるタイミングって、やっぱり音楽ですよね。タイトルも、歌詞もですけど。いつも言葉で楽曲の説明をしようとは思ってなくて。作曲と同じように直感で引き出していく感じなんです。

じゃあ、曲の生み出し方は?

波多野
曲それぞれなんですけど、特に最近は全員で作ってる感じですね。
山口
僕はギターが全然弾けないので、“ふわぁってした音出して”とか、“もうちょっと低く”とか言って。

みんな意見を平等に言う感じですか?

波多野
そういうふうにはしてますね。そうじゃないと、やってて面白くないんですよね。

誰か、まとめ役がいるというわけでもなく?

波多野
僕らは逆に、意見をまとめる必要もないと思ってて。

あぁ、だから曲ごとに展開が目まぐるしいのかな。

波多野
僕らは無意識でやってるので客観的には見れないんですけど、もしかするとそうかもしれないですね。それこそ快楽原則でやってますね。

予想するに、性格的、精神的なところが楽曲に影響しているバンドなのかなというところもあったんですけど。

波多野
すごく影響してると思いますね。音楽は人間性が反映されるのが然るべきというか。
福井
ありますね。でも、それをこのバンドで前に推したりとかはあまりしてないつもりで、自分がカッコ良いと思ってる部分も入れつつ、展開を作ってますね。

そんな中で、「天使の胃袋」に関しては、どのように生まれた感じだったのでしょうか?

波多野
結構、力任せというか。煮詰めてはいるんですけど、レコーディングの時はささっと。そういう曲だなぁって。

では最後に、根本的な質問なのですが、PeopleIn The Boxが楽曲作りで一番大事にしてるところは?

山口
僕は全部だと思うんですよね。ノイズとかも飾りのようで、ないと寂しいと思うんですよね。
波多野
“全部”って言うと身も蓋もないようだけど、音って聴く時にひとつとして聴くものだから、やっぱりそうとしか言いようがないんですよね。
People In The Box プロフィール

波多野裕文(vo&g)、福井健太(b)、山口大吾(dr)による次世代スリーピース・ロック・バンド。07年〜08年にかけて、9mm Parabellum Bulletやte' 、perfect piano lessonが所属するインディペンデント・レーベル<残響record>よりミニ・アルバム2枚、フル・アルバム1枚を発表。彼らの特徴はしなやかなドラム、力強いベース、青白い和音を奏でるギターのスリーピース編成を生かしたスマートなサウンド、複合的なリズムにポップな歌のメロディーだ。イノセントな声が、不思議な世界観をともなって耳に飛び込んでくる。そのオリジナリティー溢れるスタイルは、口コミを中心にファンの数を増やし続け、ライヴ動員も日々増加、09年2月に行われた渋谷クラブクアトロでのワンマン・ライヴでは750枚のチケットが全て完売となった。そして09年10月に<クラウンレコード>より3rdミニ・アルバムとなる7曲入りのトータル・コンセプト・アルバム『Ghost Apple』をリリース。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。