L→R 恵梨香(Cho&Gu&Harp)、千晶(Vo&Gu)

L→R 恵梨香(Cho&Gu&Harp)、千晶(Vo&Gu)

【ひいらぎ】素直な気持ちで“ありが
とう”と歌えた

卒業をテーマに作られた3rdシングル「花びらの舞う季節」。“より多くの人と共有できるように”という思いで作った今作は彼女たちにとって新しい挑戦も多く、今後の可能性も広げることとなった。
取材:高木智史

3枚目のシングルは卒業の歌ですね。

恵梨香
もともとはシングルを2月の終わりか3月頭に出そうという話があって、初めて発売日を意識して作った曲なんです。でも、それまでテーマに沿って曲を作るということが自分はできないと思ってやってなかったから、なかなか書けなかったですね。歌詞に良い思い出だけじゃなく、悲しかったことや悩んだことも盛り込んだんですけど、それが聴いてくれた人に共感してもらえたので、みんなそうやって同じように悩んでたんだなと思えたんですよね。嫌な経験もあったけど、今は、“ありがとう”って言えるから、それが糧になってるんだなと。

今年おふたりは通信制の高校を卒業されますが、“ありがとう”と思えたことも強かったのでは?

千晶
そうですね。振り返ると、やっぱり“ありがとう”って思えますね。友達にだったり、苦手だった先生もいたけど、その先生の言葉を今になって思い返すと正しかったのかなと思うし。だから、素直な気持ちで“ありがとう”と歌えましたね。

札幌などで路上ライヴをしている時は、お客さんはまさに卒業を迎えるような世代の方が多いのではないですか?

恵梨香
多いですね。そんなお客さんに“卒業が控えているので共感できました”って言ってもらえた時はうれしかったですね。あと、卒業を控えているお子さんがいるお母さんから“今度、娘が卒業するのですごく思い入れを持って聴けました”と言ってもらえたんです。卒業生だけでなく、卒業した人にも何か想いが届けばいいなと思って作ったので、そういったお母さんの言葉はすごくうれしかったですね。

曲に関しては今までにはないピアノの音がすごくマッチしていますよね。

恵梨香
始めはAメロとかもっと音数が多かったんです。けど、最後のピアノだけになる部分がすごく好きで、それを活かすようにしたいと思ってAメロの音数を減らしていきました。それに伴って歌も録り直したんです。今回はやさしく歌うというのがテーマになっているんですけど、千晶さんは大変だっただろうなって。
千晶
そうなんです。そういう歌い方をしたことがこれまであまりなかったので、難しかったですね。

2曲目は切ない恋を描いた「珈琲味」、3曲目はライヴ映えするような「休日」と今作はタイプの違う3曲になりましたね。

千晶
そうですね。「珈琲味」は歌詞を見た時にはなんてロマンチストなんだろうって思いました。涙を珈琲に喩えたりとか。子供の時にしか分からない辛い苦さを、子供の時には苦手な珈琲の味に喩えるという。
恵梨香
「休日」は16歳くらいの時だと思うんですけど、朝までカラオケに行って、徹夜明けにカレーを食べるという生活がそのまま歌になっています。今じゃ絶対にできないですけどね(笑)。

今作の「花びらの舞う季節」は新しい試みが多く、これからの作品にも活かせそうですね。

恵梨香
はい。その他に今回は“より分かりやすく”というのもテーマにしてたんです。歌詞を描く時に自分しか分からない単語とかニュアンスとかを入れるのが好きなんですけど、今回は違ってみんなで共有できるようにしたつもりなので、それも新しい一面かなと思いますね。だから、2曲目の「珈琲味」は漢字で“貴方”なんですけど、みんなに当てはまるように、ひらがなの“あなた”にしたり。そういうところにも注目して聴いてほしいですね。
「花びらの舞う季節」2010年02月24日発売Sony Music Records
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • SRCL-7214〜5 1500円
    • 【通常盤】
    • SRCL-7216 1200円
ひいらぎ プロフィール

千晶(Vo&Gt)、恵梨香(Cho&Gt)からなる、札幌・路上ライヴ発の女性アコースティック・デュオ。2000年10月、愛美を含む3人組アコースティック・ユニットとして“柊”を結成。2003年12月、東京にて初のライヴを決行。その後も路上を中心に積極的にライヴ活動を続けるが、2005年10月の5周年記念ワンマン・ライヴを最後に解散。2006年 10 月に活動を再開し、2008 年2月に<Sony Music Records>と契約。2009年2月にシングル「みず」でメジャーデビューを果たすも、2009年7月に愛美が卒業。千晶・恵梨香の2人で活動を開始し、2009 年8月にZepp Sapporo でワンマン・ライヴを行ない、新生・ひいらぎとしてスタートを切る。温かみのある歌声とサウンドに注目が集まり、2009年8月にリリースされた2ndシングル「かけら」が好評を得る。2010年10月、1stアルバム『地平線と秋の空』を発表。アニメ『夏目友人帳 肆』オープニングテーマの「今、このとき。」、アニメ『もやしもん リターンズ』 エンディングテーマの「最近」など数枚のシングルリリースを経て、2012年9月に2ndアルバム『ドーナツの穴』を発表。しかし、2013年11月の結成13周年記念ワンマン・ライヴ『いつもありが十三キュー!』ツアー最終日、札幌公演をもって惜しまれながら解散した。オフィシャルHP
恵梨香 Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。