L→R NOHANA(Ba)、AIMI(Vo&Gu)、SHIHO(Dr)

L→R NOHANA(Ba)、AIMI(Vo&Gu)、SHIHO(Dr)

【ステレオポニー】仕上がりが予想以
上に良くて
テンションが上がってしまって!

ステレオポニーが、初のカバーシングル「はんぶんこ」をリリース。アッパーなパンクビートながら、どこか切なさも感じられる3人らしいカバーに仕上がった。
取材:榑林史章

新曲「はんぶんこ」はBivattcheeの02年の曲のカバーですが、どういう経緯でやることに?

AIMI
スタッフさんから勧めていただいて、すごい良い曲だったのでカバーしてみたいねって。最初はカップリングにしようと思っていたんですけど、仕上がりが予想以上に良くてみんなテンションが上がってしまって。“これはA面でいくしかないでしょう!”って。あと、今回カバーをやって、アマチュア時代の頃の気持ちに返ることもできたし、改めてサウンドを見つめ直すこともできましたね。
SHIHO
自分たちとは真逆のサウンドだったので、もしやるとしたらどうやったら良いんだろうって、最初はすごく考えましたね。あと、歌詞がストレートでドキッとさせられるところがあって、そこもすごく良かったし。
NOHANA
男の人のバンドって時点で私たちとはまったく違うし、曲調も私たちとは全然違う。カバーするってなった時、びっくりしたし、できるのかなとか、どんなふうになるんだろうって不思議な感じでした。でも、ステレオポニーらしく仕上がったので、すごく満足しています。

“はんぶんこ”って言葉がすごく印象に残りますね。Bivattcheeは男のバンドなのに女の子が書きそうな歌詞だったり。

AIMI
そうなんです。“はんぶんこ”って言葉が男の人から出てくるのはすごいステキだと思ったし。日本語でこんなにも温かみがあって、かわいらしくもあり、愛おしさもある。自分たちの中からは出てこないだろうし、だからこそ惹かれるものがあったんだと思います。

レコーディングはすんなりいきましたか?

AIMI
原曲がパンクなので、ストレートに伝わる感じは踏襲したいと思ったんですが、最初はそう上手くはいかなくて。テンポ感がすごいネックで。こんなにビートがすごいのって初めてだったから苦戦しましたね。私たちって比較的速い曲が多いんですけど、それでもBPM200を超える曲はなかったので。改めて勉強になった部分もたくさんありました。
NOHANA
テンポが速いんで、今回私は曲全部をピック弾きにして、その分ストレートにシンプルなフレーズを弾いているんです。シンプルにバンドサウンドを伝えたい曲だと思ったので、勢いやピックの力強さを大切に弾きました。
SHIHO
タイトに、ストレートに伝えたかったので、スネアの音色とか音作りにもすごく意識しました。テンポが速いぶんノリでいっちゃいそうになるんですけど、逆にキックをちゃんと鳴らさなきゃとか意識しましたね。

Bivattcheeのライヴでは定番で、サビをファンが大合唱してオイオイオイって盛り上がる曲なんですよね。

AIMI
そのノリは大事にして、自分たちでもやりたい! みんなとそういう掛け合いとかやってみたいですよね。

カップリング曲も含めて今回は、これまでのシングルの雰囲気とは違って、新しいステレオポニーを予感させますね。

AIMI
いつも新しいものをというイメージはあるんですけど、そこを意識するというより、何かを追求しているうちに自然とそうなった感じがあって。あと、アルバムでいろいろチャレンジして幅がすごく広がったのも大きいと思います。だから、これからもいろんな曲、機会があればまた速い曲とか、どんどん挑戦していきたいですね。
ステレオポニー プロフィール

未成熟で、無防備。が、ゆえに、美しい。そんな表現が似合うAIMI(vo&g)、NOHANA(b)、SHIHO(dr)から成る沖縄出身のガールズ・ロック・バンド。葛藤と劣等、もちろん恋や友情など、どれもが一番濃い時期だから、こんなにも純粋無垢な音なのだろう。

『懐メロの最新型』というとまるでアベコベだが、しかし確実に懐かしく、そして彼女たちの同世代にとってリアルでしかない、ステレオポニーの世界観。その多感さを象徴するかのように、尖っていて、切なくて、同時に清々しくもある。怖いもの知らずだけど、怖いものだらけな10代をかき鳴らす、その煽情的なロック・サウンドで、ティーンたちのアジテーターとなるのだ——。ステレオポニー オフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。