L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

二度目のワールドツアーを間もなくスタートさせるLM.Cが、ポップでカラフルな3枚目のアルバム『WONDERFUL WONDERHOLIC』をリリース!
取材:土屋京輔

気付けば早くも3枚目のアルバムですが、今回も特にコンセプトを決めて臨んだものではないようですから、仕上がってみて見えてくるものがあるんでしょうね。

Aiji
自分たちの美意識の中での“こういう曲が入ってたらいいよな”というのを集めていったんで、結局思ったのは、やっぱり趣味の範囲だなというか(笑)。でも、常に新しいことを見つけながらやってたから、今までとはまたちょっと違う色合いになっている気はしてますけどね。
maya
前回の2枚は自分の人生的に初めてのアルバムということもあり、完成図もそうだし、とにかくいろんなことを想像しながら作ってた印象があって。今回は違う未知なる部分が多いというか、何をしていけばハッピーなのかというのを、適当に置いておかずにちゃんと考えられたのは良かったし、この先につながる感じがすごくしてますね。

アルバムを聴くと、やはりLM.Cは音楽的に何でもできる可能性のあるバンドだなぁとは思えてきますよね。

Aiji
それも探りながらなんですよ。ただ、今までも何でもできるとは思ってたんですけど、自問自答というか、“ほんとにLM.Cって何でもできるの?”っていう意味での挑戦というかね。1stと2ndもすごく幅が広かったし、自信はあるんですけど、今回でそれが確信に変わった気はしますけどね。特に「Optimisland」みたいな曲…我々、ヴィジュアル系って言われてますけど、そういう人たちがこういう音楽をやった時に、どうしてもちょっと陰が出ちゃうような気がするんですよ。それをしっかり陽の当たるところの温度感で音に表せるか。声質や歌詞を含めた全ての要素によると思うんですけど、その意味ではこの曲を温かい感じ…南の島のような雰囲気でやり切ることができたのは、自分の中でひとつ大きな達成感はありましたね。

このLM.C的レゲエ・ポップとも言うべき曲も、むしろ自然に受け止められられるカラフルさですよね。歌詞についても全体を通して共通する要素を自分で感じます?

maya
何でしょうね。歌詞って意味だと、よりフラットな気持ちでアルバムには臨めた気持ちがしますね。自分の中での言語感覚みたいなものはあって、何とも説明しがたいんですけど。例えば、内容的にはそんなに変わってないとしても切り取り方を変えていくとか、そういうのを自然にやれたような…開眼ポイントみたいなものがいくつかありましたね。過去の自分の感覚を広げたところに未来があってほしいなと思ってて。そこのバランス感覚が難しかった。下手すると、今までのことはなかったことにして、新しいことを始めちゃいかねないじゃないですか。自分の宇宙は広がった感じはしますね。別に目指したわけじゃないけど、そこが一番大きいかな、このアルバムで。

アルバムタイトルも象徴的な言葉ですね。

maya
これまでの『GIMMICAL☆IMPACT!!』や『GLITTER LOUD BOX』もそうですけど、その時々のLM.C的な方向性みたいなものであり、この瞬間を表しながら、未来が見えてくるような言葉はないかなと思ってたんですよ。直訳すると“不思議中毒”ですけど、何となく想像はできても、辞書に載ってるわけじゃない。ジャケットとか含めて、何となく我々の思うところのLM.Cっぽさに合ってる。そこの曖昧さがまたいいなって思うんですよね。
『WONDERFUL WONDERHOLIC』2010年03月03日発売PONY CANYON
    • 初回盤A(DVD付)
    • PCCA-03101 4725円
    • 初回盤B(DVD付)
    • PCCA-03102 4725円
    • 通常盤
    • PCCA-03103 3150円
LM.C プロフィール

エルエムシー:2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。