L→R 山崎英明(Ba)、内村友美(Vo&Gu)、比田井 修(Dr)、蓮尾理之(Key)

L→R 山崎英明(Ba)、内村友美(Vo&Gu)、比田井 修(Dr)、蓮尾理之(Key)

【school food punishment】アルバム
全体が外に向かった

デビュー後1年で怒涛のシングル5枚リリースを経て、1stアルバム『amp-reflection』が完成。持てる力の全てを注ぎ込んだ自信作が誕生した。
取材:宮本英夫

ついにアルバムが完成しましたが手応えは?

蓮尾
シングル曲も含めて、自分の180パーセントぐらい出した感覚があります。クオリティーの高いものができました。

1年前と比べて、メンタル面の変化は感じてますか?

内村
人が変わったな~ぐらいに思ってます。いろんなものを飲み込んで、意外においしいとかやっぱりまずかったとか、そういうことがある中で、アルバム全体がすごく外に向かったものになったと思います。いろんなシチュエーションの曲があるんですけど、人とつながりたいとか、自分を開きたいとか、絶対に前向きに進みたいとか、そういう意思が見える曲ばかりなので。自分がそういうモードだったんだなと思いますね。

イントロにあたる「signal」が終わって、2曲目「good blue」の1行目が“深く沈んだ海の底…”ですよね。そこからラスト曲の「sea-through communication」の明るい開放感に至るまで、ひとつのストーリーがあるように聴こえたのですが。

内村
実は「good blue」と「sea-through communication」はほぼ同時期にできた曲なんですよ。コミュニケーションをとるのが嫌になって“もう人と会いたくない”と思った時期があって…。でも、“本当にそれでいいのか?”と思い直した時の歌詞が「good blue」で、人と会ってみたらやっぱりいいことあるなと思って書いたのが「sea-through communication」。それが最初と最後にきてるのは、曲順としてきれいだからそうしたんですけど、あとで気付いたら“そういうストーリーになっていたのか”と。
蓮尾
しかも、こういうインタビューをしながら気付いたという(笑)。他の曲も、迷ったり悩んだりしているところから一歩踏み出してモチベーションを高めていく、という流れは1曲ごとにあると思います。そういう意味で、コンセプチュアルなアルバムになりましたね。

生楽器と打ち込み、ロックとダンスミュージックの融合の割合とかは、曲ごとにベストの方法論を探していくのですか?

蓮尾
だんだんやりながら、いろんな方法論や意見を取り入れて方向性が決まっていきます。例えば、「パーセンテージ」は最初はもっと生々しい曲だったんですけど、歌詞にあるように恋愛をしている時の頭の中のピリピリした痛みを出そうと思って、打ち込みで作り直したりとか。そういうふうに必然性を感じながらやっていくと、それが技法として身に付いていくから、“打ち込みのこういう曲をやろう”という始まり方じゃないです。そういう意味で、今回のアルバム制作はすごく勉強した感じがあります。

タイトルに込めた意味は?

内村
このアルバムは、この1年間に外からもらったものを自分を通して音で返しているイメージだと思って、増幅して出すという意味の“AMPLIFIER”と、それが自分の中や人の中で反射していくという意味の“REFLECTION”とで、“amp-reflection”に決めました。駆け抜けながら作ったアルバムなので、自分の過ごしてきた日々がそのままパッケージされてますね。やり切っちゃった感はすごくあります。もう同じことはできないし、今しかできなかった作品だと思いますね。
school food punishment プロフィール

内村友美(Vocal & Guitar)、蓮尾理之(Keyboards)、山崎英明(Bass)、比田井修
(Drums)からなる4人組ロックバンド。
2004年10月結成。新宿を中心としたライヴハウスを中心に活動をスタート。
2008年12月、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース。タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約1週間で完売となる。
2009年1月14日、『Riff-rain』を全国リリースし、3度目の全国ツアーを行う。同年3月、「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」に「Brand New Wave Upper Ground」のカヴァーで参加。
そして5月、1stシングル「futuristic imagination」をリリース。school food punishmentオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。