L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

L→R 小谷嘉一(Vo&Ba)、岩元 健(Vo)、MOTO(Vo&Gu)、永井朋弥(Vo)

【+Plus】必要じゃないものは、この
アルバムの中にない

デビュー以降、精力的にライヴ活動を行ない、コンスタントにシングルをリリースしてきた+Plus。ついに完成した1stアルバムについて4人に訊く!
取材:土内 昇

待望の1stアルバムが完成しましたね。

岩元
待望ですね。ライヴを始めた頃から歌い続けていた曲がやっと音源化されるし。
小谷
シングルに入ってた曲も全部入っているし、ベストアルバムって言ってもいいんじゃないですかね。全て全力で作ってるし、早くたくさんの人に聴いてもらいたいです。

やはり、これまでの道のりは長かったですか?

MOTO
振り返ると長いんですけど、あっと言う間でした。
小谷
それだけ集中していたってことなんでしょうね。ライヴもそうだし、レコーディングも、曲作りに関しても。
永井
アルバムを出すっていうのは、1stシングルの頃ぐらいから目標としていたんですけど、ずっとライヴをやってきて、ライヴに向けて楽曲を制作してきたから、自然の流れでアルバムに辿り着いた感じですね。もちろん、アルバム用にも曲を作ったりしましたけど。

では、アルバム用の曲はどんなことを意識して?

MOTO
一番言えることは、縛りがなかった。すでにいろんなタイプの曲があったから、特に意識したことはないですね。だから、新しいことにトライしてみたり。そういうのって自由にやればやるほど+Plusらしさが出ると思うので、うまくアルバムとしてまとまったんじゃないかなって思います。1stシングルの頃から“+Plusらしさって何だろう?”って考えてきたので、それを4人で模索しながら突き詰めたというか。

+Plusの楽曲はアコギの印象が強いのですが、「着火MAIND」はギターリフが前に出ていて新鮮でしたよ。

MOTO
オーバードライブを効かせてゴリゴリとした歪みの音にしてみたり、歯切れのいい音でジャカジャカとやってみたり…ほんと、ライヴで弾いて気持ちいい感じとか、生で伝わりやすい感じっていうのを意識してましたね。そういう意味では、4人のハーモニーを重視した曲もあれば、曲の雰囲気で聴く人を圧倒するような曲もあるっていう。

「愛=感謝」にはギターソロもあるし。

MOTO
ギターソロは初めてですよね。ライヴでは毎回違うフレーズを入れたりして、ただ間奏でソロを弾くんじゃなくて、ギターが好きな人にも楽しんでもらえたらなって思ってます。

まさに、渾身の一枚ができたという感じですね。

小谷
今後何年も+Plusをやっていく中で、このアルバムがスタートラインになると思うし、初心を忘れないようにも常に戻ってこれるものができたと思いますね。
永井
シングルの時から、それぞれ違う顔を持った3曲を入れてきたんですけど、それは意識したっていうよりも、4人の色を混ぜ合わせてがむしゃらに曲を作っていたからそういうものができた…それぞれ聴いてきた音楽も違うので。で、その延長線上でアルバムもいろんな表情を持った15曲が収録されているので多彩ですよね。だから、聴いてくれる人が何かしら自分の人生とリンクする部分を見付けてくれればなって思ってます。
岩元
最後に「キャンバス」っていう曲が入ってるんですけど、それぞれの捉えかたで聴いてほしいですね。
MOTO
15曲それぞれがメッセージやストーリーを持っていると信じているので、一枚のアルバムとして流れで聴いてもらってもいいし、1曲単位で聴いてもらっても何かを受け取ってもらえると思うし…ほんと、必要じゃないものは、このアルバムの中にないと思うので、楽しんでもらえると思ってます。
+Plus プロフィール

小谷嘉一(vo&b)、永井朋弥(vo)とMOTO(vo&g)、岩元健(vo)からなる新世代4ピース・バンド、+Plus。ロックをベースにしつつも、ヒップホップ/レゲエ/R&Bなどあらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ、彼らのハーモニーが奏でる等身大で飾らないストレートなメッセージが強みである。

小谷が出演する映画『イケメンバンク THE MOVIE』がきっかけで、08年12月に結成。同映画の主題歌「Answer」及び挿入歌「You」を担当。役者としても活躍する彼らが、09年8月に<ポニーキャニオン>より、1stシングル「日向に咲く夢」でメジャー・デビュー。新人としては異例の全曲タイアップ付きシングルとして話題を席巻中だ。+Plusオフィシャルサイト
オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着