L→R 上杉研太(Ba)、藤原広明(Dr)、渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(Gu)

L→R 上杉研太(Ba)、藤原広明(Dr)、渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(Gu)

【SUPER BEAVER】自分らの素を大事に
したアルバム

SUPER BEAVERが3rdミニアルバム『SUPER BEAVER』を完成させた。歌そのもののエネルギーを、より際立たせたようなアレンジや、感情が赤裸々に見える歌詞に惹き付けられる。彼らの歴史においても重要作になるであろう。
取材:高橋美穂

タイトルにバンド名を掲げましたね。

渋谷
ようやくって感じですね。ここに至るまでに、いろいろ葛藤や衝突もあって、前のアルバムから1年間、話し合う時間が多かったんですよ。“自分らの音楽は何なんだ?”っていう。それを踏まえて今作はできたんです。ライヴをコンセプトにしていて、全部一発録りなんですよ。バンド名を付けて、これが俺らですって言えるような、自分らの素を大事にしたアルバムができたと思っていますね。前回までの音源はライヴとちょっとかけ離れてしまうところもあったんですけど、そこも統一したい思いがあったんで、今回は無駄なものは一切入ってないです。

今回、音もアグレッシヴだし、歌詞も赤裸々ですよね。

柳沢
俺って、何かあった時に伝えるなら、音楽で伝えたいっていう順番なんですよね。今回はこの場の俺たちでしかないから、赤裸々に見えると思うし、今歌いたい歌を歌えたと思うし、逆にこういう歌じゃないと人には伝わらないと思ってます。
渋谷
だからこそ、より心を込めて歌うことができたし、なにより楽しく歌えたと思います。

それって、歌の原点ですよね。

渋谷
まさしくそうだと思います。楽しくなくて何が表現だと思うし、まずは楽しいっていう基盤が作れたのが、今回のCDの大きなところだと思います。それは歌にも演奏にも出てきてるので、一個のかたちとして成立したなって。
柳沢
やっぱり俺たちはライヴが大好きだし、そこが伝わると思ってやってきたんですけど、ライヴに来てもらうまでにCDがあるじゃないですか。でも、そこがライヴとリンクできてないんじゃないかって気付いて。全部が完璧じゃなくても、CDとライヴがつながってるものを録りたい、ギターも重ねりゃいいんじゃなく、そもそも歌を押し出したいわけだから、必要最低限でいいんじゃないかって。
上杉
歌があって自分があるって思わないと、変にベースで真ん中に行っちゃうんですよ。常に100パーセント出してりゃいいもんじゃないんだなって、4人での良いものをっていう立ち位置はできたかなって。それが体で実践できるような録り方ができましたね。感動的に、これ良いなって思いました。
藤原
僕は去年はアレンジで曲の構造を面白いものにしようと考えてたんですけど、今年はそういうことじゃなく、自然な、分かりやすくて一番伝わるものがいいかなって。
渋谷
すごくやりやすかったし、みんなにも感謝してるし、バンドとしていいかたちだと改めて思いますね。

特に印象に残ったのが「まわる、まわる」と「home」っていう、最後を締めくくる2曲だったんですけど。SUPER BEAVERの今後の方向性が見えるというか。

柳沢
「まわる、まわる」は自分でもそういうことだよなって納得できたっていうか、この曲が、自分たちがSUPER BEAVERたる所以な気がする…どう説明したらいいか分からないほど、自分にとっても大きな曲なんですよ。こんだけ自分でも“生きて”って言葉を連続して歌詞に乗せるとは思ってなかったんですけど、そんぐらい作りながらエネルギーを感じてましたね。

「home」の意味合いもいろいろありそうですね。バンドのメンバーなのか、スタッフなのか、ライヴハウスなのか、はたまた違う場所の仲間や家族なのかっていう。

柳沢
この曲はちょっと前からあったんですけど、きっかけとしては、仲の良い地元の仲間が、それぞれ違う場所に行くってなった時にできたんです。でも、今はSUPER BEAVERがホームだと思うし、地元で飲んでるとここが俺のホームだと思うし、要は彼女でもスタッフでも、自分ひとりで生きているわけじゃなくて、支えてくれてる人たちがいて、俺にとってはそういう人たちすべてが帰るべき場所であって、頑張る原動力でもあるって思うんですよね。

いろいろ経験したところで、これからも楽しみですね。

柳沢
ありがとうございます。こっから広がる幅は、無理のない幅だと思うんですよ。自分でもどういうものができていくのかが楽しみですね。
SUPER BEAVER プロフィール

東京出身4人組ロックバンド。メジャーデビューから自主レーベル設立まで様々な経験をしつつも、 [NOiD]に所属してから人気が再熱。2018年4月30日には、日本武道館での単独公演を開催し、即完売で約10,000人を魅了した。同年6月30日には2年ぶりとなるフルアルバム「歓声前夜」をリリースし、過去最高のセールスを記録。ツアーも全公演即日完売。インディーズバンドながら、カンテレ・フジテレビ系10月連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌に「予感」が抜擢。2019年3月よりバンド初となるホール公演を含む全国ツアーを開催し、全公演ソールドアウトを記録。2019 年11 月には、神戸ワールド記念ホール 2Days と2020 年1 月に国立代々木競技場第一体育館でのワンマン公演も即完売。4月8日にメジャー再契約を表明し、ニューシングル「ハイライト / ひとりで生きていたならば」のリリースを発表。2020 年9 月からはライブハウス、ホールをワンマンで周り、さらに仙台ゼビオアリーナ2Days、大阪城ホール、日本ガイシホールとアリーナ公演も決定。12 月にはツアーファイナルとして横浜アリーナ2Daysを控えている。今最も注目のロックバンド。SUPER BEAVER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着