L→R NOHANA(Ba)、SHIHO(Dr)、AIMI(Vo&Gu)

L→R NOHANA(Ba)、SHIHO(Dr)、AIMI(Vo&Gu)

【ステレオポニー】振り切ってロック
を遊び尽くした意欲作!

約1年半振りとなる3rdアルバム『More!More!!More!!!』が完成。serial TV dramaの新井弘毅(Gu)と稲増五生(Gu)や、NAOTO(from ORANGE RANGE)らとのコラボ曲も収録する、楽しさと感動の詰まったこのアルバムについて3人が語った。
取材:榑林史章

前2作よりバラエティーに富んでいて、すごく豪華で遊び心がたくさん詰まったアルバムになりましたね。

AIMI
ふとした誰かのひと言を具現化して、それが集まってかたちになったアルバムです。良い意味で枠にはまらず、ぶっ飛んでる作品になったと思います!

吹っ切れたような感じすらしました。

AIMI
そうかも。モヤが晴れて、すっきりした感じ(笑)。
SHIHO
“振り切ろう!”という大きなテーマがあって。面白いことはとことん面白く、カッコ良いことはとことんカッコ良く…それによって、曲のカラーやイメージが際立った作品になりましたね。
NOHANA
今までもいろいろやってきたけど、自分たちだけでやってきた前作までとは違い、他のアーティストさんのスパイスが加わると、こんなにも広がるのか!ということが実感できて、すごく楽しい作品になりました。

「Introduction」「Blowin’in the wind!!」「ビバラ・ビバラ」ではserial TV dramaの新井弘毅さんと稲増五生さんが、作詞作曲、アレンジ、ギターで参加していますが。

AIMI
夏にスタッフ主催のバーベキュー大会があって、そこでserial TV dramaのメンバーやORANGE RANGEのNAOTOさんとか、いろんなアーティストの方と仲良くなって。最初は「Introduction」のみの参加予定だったんですけど。

「Introduction」は沖縄テイストで壮大な曲ですね。

NOHANA
沖縄の三線を新井さんが弾いてくれていますが、当日まで三線を弾いたことがなかったらしく。それでも、入門DVDを観ながら弾けちゃうのがすごいと思いました。

「Blowin’ in the world」はパンクっぽいストレートなロックだけど、後半《どうどど》《ニヤニヤ》とノリが変化してますよね。

SHIHO
《ニヤニヤ》以降は最初なくて、プリプロの前日に急に追加されたんです。演奏はすごく難しくて、手が切れて血が出るほど練習したけど、ライヴで演奏した時は、辛いことも忘れて気絶しそうなほど楽しかった!

10月16日のライヴで披露していましたね。AIMIさんがハンドマイクで歌い、ステージ中を走っていたのが新鮮でした。

AIMI
意外と歌に集中できるし、お客さんのすごく近くまで行けて、歌っててすごく気持ち良かったですよ。

「ビバラ・ビバラ」は、ホラーとオペラの融合が面白い。歌詞の《ヨボセヨペゴパヨ チキンピリョヘヨ》っていうのは?

NOHANA
呪文っぽい言葉が合うなと思って、韓国語の単語をつなげて書いてみました。1番目の《チキンピリョヘヨ》だと、“私はチキンが大好き”とか(笑)。
SHIHO
コーラスは、まさに“オペラのように”と新井さんに言われてたんです。そんなのやったことなかったけど…今回そういうのばっかりで。
AIMI
私が曲を作った時は普通だったんですけどね~。新井さん、おかしいです…いや、すごいです!(笑)

そして、「おしゃれ番長2011」はORANGE RANGEのNAOTOさんが、アレンジと歌にも参加していますね。

SHIHO
中学生の時はカラオケでみんな歌ってたし、うちらの世代には、どんぴしゃの選曲ですよ!
AIMI
コンピューターを使った機械的な音を入れたくて、NAOTOさんに編集してもらいました。私はひとりで3人分歌ってるので、ライヴではどう歌おうか思案中です(苦笑)。
NOHANA
スラップで弾いているベースはシンセだから、ライヴでやるまでに練習しておかないと…。

「ハナヒラク」「キャンバスに私だけの色をのせて」などは、従来のステレオポニーらしさも感じました。

AIMI
いくら3枚目でいろんなことをやっているからって、これまでの流れを全部なくしてしまうのはどうかなと。良い曲だったので出し惜しみせず放出しました!

「ハナヒラク」は、1stシングル「ヒトヒラのハナビラ」とダブる部分がありました。

AIMI
実は、「ヒトヒラ~」のアンサーソングです。「ヒトヒラ~」の“僕”とは違う目線で、“ハナビラが舞っている=恋が終わりそうな瞬間、追いかけたいけど追いかけられない女の子気持ち”を歌っていますね。
SHIHO
「キャンバスに~」は私が作詞しました。今回の制作を通してすごく楽しめたことがモチベーションになっていて。他人からネガティブに見られてしまったとしても、自分の中の世界がキラキラしていれば、それで良いんじゃないかっていう。かたちあるものはいつかなくなるし、始まりがあれば終わりもあるんだけど、“永遠”ってかたちはなくても心にはあるんだって。
AIMI
アルバムを最後まで聴いてくれた人に、どんな気持ちになってほしいか考えて…明日って、希望に満ちあふれたことだけじゃないことは分かってるけど、それでもありのままで自分自身を愛してあげたいし、寂しくて切ないけど、温かい気持ちでいたいという気持ちで歌いました。

3人以外の音を積極的に導入した制作はどうでした?

AIMI
勉強になりまくりです!
SHIHO
新しい風が吹いて、何かが変われたと思います。
NOHANA
“ロックな遊び”ができた作品。音を楽しむ、音楽で遊ぶという意味をより理解できました。

タイトルからは、“もっともっと振り切る!”というバンドの姿勢を感じましたよ。

NOHANA
そうですね。曲もライヴも、ステレオポニーを知ってもらいたい気持ち、伝えたい気持ち、書き切れないほどたくさんの“もっと!”っていう気持ちを込めました。

ちなみに、初回生産盤Bのジャケ写は…パジャマ?

NOHANA
振り切るがコンセプトだったので、通常盤はUKっぽくキメて、初回盤Bはリラックスしたパジャマという。
SHIHO
普段こんなかわいいパジャマは着ないけど(笑)。

これを見て、男子が萌えるんじゃない?

AIMI
そういうこと言われると、何かちょっと恥ずかしいんで、とりあえず全部買ってください(笑)。ジャケ3枚を並べると実はつながっていたり、いろいろ工夫があるので。しかも、初回盤のDVDがアメリカでのライブ映像でAはボストン編、Bはニュージャージー編と内容が違うんです。値段のわりにボリューミーだし…全部買いたくなるでしょ!(笑) 枠にとらわれていない作品だから、いろんな方に聴いてほしいですね。
ステレオポニー プロフィール

未成熟で、無防備。が、ゆえに、美しい。そんな表現が似合うAIMI(vo&g)、NOHANA(b)、SHIHO(dr)から成る沖縄出身のガールズ・ロック・バンド。葛藤と劣等、もちろん恋や友情など、どれもが一番濃い時期だから、こんなにも純粋無垢な音なのだろう。

『懐メロの最新型』というとまるでアベコベだが、しかし確実に懐かしく、そして彼女たちの同世代にとってリアルでしかない、ステレオポニーの世界観。その多感さを象徴するかのように、尖っていて、切なくて、同時に清々しくもある。怖いもの知らずだけど、怖いものだらけな10代をかき鳴らす、その煽情的なロック・サウンドで、ティーンたちのアジテーターとなるのだ——。ステレオポニー オフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。