L→R 恵梨香(Cho&Gu&Harp)、千晶(Vo&Gu)

L→R 恵梨香(Cho&Gu&Harp)、千晶(Vo&Gu)

“今日という日を大切にしたい”。音色や言葉、歌声がストレートに響く「明けゆく空」は、辛いこともあるが、その先にある希望を高らかに歌った前へ踏み出させる一曲だ。
取材:ジャガー

包み込むような千晶さんの歌声が印象的で、楽曲からも温もりを感じる曲でした。

恵梨香
サウンド面でも、温かい感じにしてくださいっていうのは一貫してましたね。なので、千晶さんの声も柔らかい、温かい感じになったのかなっていうのはあります。最近では自分の気持ちを歌うことが多かったので、デビュー曲の「みず」みたいに誰かに寄り添う曲を歌いたいなって書き始めました。自分は何でもひとりで抱えて潰れてしまうタイプなんですけど、だからこそ、みんなにはそうなってほしくないなって。そういった時に“別に抱えなくていいんだよ”“受け止めるよ”って言われるとすごく救われた気持ちになるんですね。おこがましいですけど、誰かを救えたり、誰かの力になれたらいいなと。自分が抱えてしまうのは、感情が敏感になってるんで思ってることをうまく言えなかったり、言うと相手に迷惑かけちゃうかなって思い込むのが原因なんだと思うんですよね。友達と電話してても“うぅ”って泣いて喋れなくなっちゃうんですけど、それでも“うんうん”って聞いてくれるし、話さなくても何か気持ちは通じていたり…ただ、側にいて同じ空間を過ごすだけで癒されたりするので、「明けゆく空」もそうなってくれたらいいなって。
千晶
最初に聴いた時から優しい曲だなと思って。いつもはライヴで歌ってからレコーディングに入るんですけど、この曲はライヴをやる前にレコーディングをしたんですね。でも、何となく自分の中でまだ噛み砕けてないままだったので、録り直しをさせてもらったんです。その間にライヴでも3~4回歌わせてもらって、ようやく自分の中でも内容を理解できて言葉をちゃんと伝えることができたんじゃないかなって。話しかけるみたいな優しさを意識して歌いました。

《輝くような毎日は続かないけど》と歌っていますが、内容はすごくポジティブですよね。

恵梨香
悩みごとや考えごとがあると眠れなくて、朝になったのに寝てないっていうことで、さらに追い込まれて負のスパイラルに陥るような時期があったんですけど、だんだんそれもそういう自分の性質だと考え方を変えて。足が遅い、頭が悪い、夜寝れない、みたいな(笑)。なんか気分的にも楽になって、考え方ひとつで世界は変わるんだなって実感できたんです。寝るのは嫌だけど、おかげで明日がちょっと楽しみになってきて。
千晶
いや、本当に前向きになりましたよね。たぶん、昔だとこういう曲調にはネガティブな言葉がたくさん乗ってたと思います。歌っていても前向きになれるんですよね。
恵梨香
自分自身に言い聞かせてる部分はありますけどね。プロデューサーさんから“それは幸薄いなぁ”って、はっきり言われてしまうので…(笑)。こういう言葉が幸薄いんだなって分かってきました。

「始まりの一歩」もポジティブで、曲調もさわやかでした。

千晶
自分が初めて作詞も作曲もひとりでやりました。東京に出てきてからのことが出ていますね。故郷への寂しさもあるし、新しい環境での不安もたくさんあったんですけど、前向きに頑張っていこうって今思っているのでサウンドもさわやかな感じになって。いろんなことに挑戦した曲でもあって…例えば、恵梨香がリードギターを弾いてくれていたり。
恵梨香
これまでリードを弾いたことがなかったので“リードできないです”って言ったら、“そこは我慢だよ”って結構スパルタで(笑)…小さな一歩を重ねて、日々成長なので有り難いです。
「明けゆく空」2011年11月23日発売Sony Music Records
    • 【初回生産限定盤(DVD 付)】
    • SRCL-7790 〜1 1500円
    • 【通常盤】
    • SRCL-7792 1200円
ひいらぎ プロフィール

千晶(Vo&Gt)、恵梨香(Cho&Gt)からなる、札幌・路上ライヴ発の女性アコースティック・デュオ。2000年10月、愛美を含む3人組アコースティック・ユニットとして“柊”を結成。2003年12月、東京にて初のライヴを決行。その後も路上を中心に積極的にライヴ活動を続けるが、2005年10月の5周年記念ワンマン・ライヴを最後に解散。2006年 10 月に活動を再開し、2008 年2月に<Sony Music Records>と契約。2009年2月にシングル「みず」でメジャーデビューを果たすも、2009年7月に愛美が卒業。千晶・恵梨香の2人で活動を開始し、2009 年8月にZepp Sapporo でワンマン・ライヴを行ない、新生・ひいらぎとしてスタートを切る。温かみのある歌声とサウンドに注目が集まり、2009年8月にリリースされた2ndシングル「かけら」が好評を得る。2010年10月、1stアルバム『地平線と秋の空』を発表。アニメ『夏目友人帳 肆』オープニングテーマの「今、このとき。」、アニメ『もやしもん リターンズ』 エンディングテーマの「最近」など数枚のシングルリリースを経て、2012年9月に2ndアルバム『ドーナツの穴』を発表。しかし、2013年11月の結成13周年記念ワンマン・ライヴ『いつもありが十三キュー!』ツアー最終日、札幌公演をもって惜しまれながら解散した。オフィシャルHP
恵梨香 Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。