L→R 大雅、優己、翔馬

L→R 大雅、優己、翔馬

セルフプロデュースで完成させた、待望の1stアルバム。セルフタイトルを掲げる本作におけるこだわりは、彼らの音楽に対する姿勢にも直結している。
取材:土内 昇

デビュー曲「サマーウルフ」から最新配信シングル「真夏のさよなら」までを収め、セルフタイトルを掲げる本作は、まさに逗子三兄弟を詰め込んだという感じですね。

優己
僕らのことを全然知らない人が大多数いるので、名刺代わりになることを大前提に置いて作りましたね。どうしても“夏”“海”“家族”が自分たちのキーワードになるので、夏の高揚感だったり、夏の終わりの寂しさだったりが一枚を通して味わえる…謳い文句にもしているんですけど、“海 いく? ズシ 聞く?”って、どっちでも同じ楽しさが味わえるアルバムにしたいっていうのはありました。

しかも、今作はセルフプロデュースという。

優己
爽快ですね。“ここ、もうちょっとこうしたかったな”ってのがないです。一曲一曲のビジョンがしっかりしていたので、あんまりブレがなかったというか。とことん話し合ったわけじゃないんですけど、ちゃんと3人が同じものを見ていたし、それをアレンジャーさんやコーラスをやってくれた女性の方に伝えるだけだったので、すごくスムーズでした。

「マイベイビー」「リトルムービー」はアコギがスパイスになっているし、全体的に生感が前面に出ていますよね。

優己
そこはこだわりたいっていうか。打ち込みじゃなくてギタリストの人が弾くギターの音色のやさしさやニュアンスがなければ、こういうアルバムにはならなかったと思います。そういう部分の延長線でDEPAPEPEさんに弾いてもらったり、The BK Soundに力を貸してもらったり…ほんと希望通りにやらせてもらったので、すごく満足してます。

他にこだわったところは?

大雅
歌心っていうか、表現にこだわりました。
優己
僕らって歌唱いですけど、自分らが歌いたいもの、聴きたいものを作りたいっていう作り手の気持ちもあるので、ただ単純にうまく歌うっていうんじゃなく、この楽曲を聴いてくれた人にどんな気持ちになってほしいのか、どんな景色を思い浮かべてほしいのかっていうのを表現しないといけないというか。
翔馬
ピッチ的に気になるところがあっても、作品として良くなることが一番なので、最終的に出来上がったものが納得いくかどうかが大事なんです。

では、アルバムが完成した時の実感はどんなものでした?

大雅
フルアルバムって初めてで、出来上がった時は“やっぱり一生この仕事を続けたい!”って思うぐらい感動しました。
優己
僕はそんなに肩肘張ってないっていうか、単純に自分の好きな曲が並べられたって思っているので、多くの人に聴いてもらいたいです。ほんと、作っている過程が楽しかったなって。
翔馬
今までやってきたキャリアからくるものだったり、僕らのユニットの特異性だったりすると思うんですけど、こういうアルバムって他にないなって思うんですよ。いい意味で、まとまりがない…でも、代表曲が入っていたり、“こういうことをやりたかったんだ”とか“こういう音楽も好きなんだ”っていうものを見せられるのが、僕はアルバムだと思っているので、自分たちの曲なんですけど、自分たちですら聴き応えがあるなって(笑)。
大雅
でも、リスナーの観点からすると、それぐらいじゃないとつまんないと思うんですよ。“この曲いいな。こっちの曲もいいな。こいつら何者なんだ!?”って。で、僕らも聴き手をびっくりさせたいので、そういうものをどんどん出していきたい。この勢いであと5枚ぐらい出したいですね(笑)。
逗子三兄弟 プロフィール

ズシサンキョウダイ:写真左より、大雅、翔馬、優己。元ドラマーの父の影響もあって幼少の頃から音楽に慣れ親しんでいた3人が、2008年に“自分たちにしかできないかたちで音楽を表現したい”と集結! 10年7月に1stシングル「サマーウルフ」でメジャーデビューを果たした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」