【中島卓偉】アコースティックに留ま
らない進化したアルバムが作れた

アコースティックによるセルフカバーアルバムが完成! シンプルなサウンドであっても、時に激しくスリリングで、新たなアコギの可能性を提示する作品に仕上がっている。
取材:石田博嗣

タイトル通りにアコギでのセルフカバーアルバムなのですが、こういう作品を作ろうと思った経緯というのは?

いろんな想いがあって…まぁ、一番はデビューして13年目になるんですけど、10周年を超えたタイミングでひとりでアコースティックツアーをやるようになったんですよ。それまでの10年というのはバンドサウンドに徹していたんですけど、より広く深く表現したいっていうことでアコースティックのツアーを始めたんですね。で、その3年の間にいろんなアレンジでやってきたので、それをまとめたアイテムがひとつあったほうがいいんじゃないかと思って。

ツアーで培ったものがあるせいか、アコースティックとはいえライヴ盤のようなテンション感ですよね。

そうですね。あと、悪い意味じゃなくて、日本人って“アコースティック=フォーキー”というイメージがあると思うんですね。でも、僕がティーンエイジャーの時に観ていたMTVでは…例えば、自分の好きなイギリスのバンドがアンプラグドでやってても激しかったり、リズミカルだったりして、バラードだけじゃないっていうのを、たくさんの音楽を聴く中で学んだというか。だから、フォーキーな曲も入っているんですけど、そこに留まらないアルバムじゃないと面白くないって思ってました。

確かに、アコギの可能性を引き出している印象を受けました。「PUNK」はロック…それも、ちゃんとロールしているし。

そう言ってもらえると、嬉しいですね。50年代、60年代、70年代の音楽が好きなんですけど、その当時に活動されていたミュージシャンの写真を見るとアコギを持っている率が高いんですよ。本来のロックンロールのカッコ良さというのは、いかにアコギを激しく弾くかだったと思うんですよね。自分的にはエレキの可能性の追究は、デビューしてからの10年でやってきたと思うんで…だからって、この先の10年はアコギの可能性を探すのかって言うとそうじゃなくて、今まで自分がやってこなかったアコギのアプローチがあるはずだって。音楽をやって十何年経つんですけど、今になって理解できたことがたくさんあったので、再確認と勉強ができたレコーディングでしたね。

ライヴテイクで収録されている「鼓動」はアコギ一本ならではのスリリングなものになってますものね。

あの激しいカッティングは感情ありき…その時の行き当たりばったりの気持ちで弾いているので、同じものは二度と弾けないですね。そういうエモーショナルなものってエレキだと出ないっていうか、エレキを弾いていてる時よりも気持ちがパンキッシュになる瞬間があるんですよ(笑)

そういうテンションが高いものもあれば、例えば「Calling you」は壮大で、“聴かせる”アレンジになってますね。

デビュー前から歌っている曲でもあるので、いろんなアレンジがあったんですけど、ずっと聴いてくれているファンの方々に喜んでもらえるものにしたかったし、初めて聴く人にもすんなりと入ってもらえるものにしたかったんですよ。音数は多いほうがいいっていうものではないんで、なるべく隙間を空けてレンジを広く見せるっていうことにこだわってましたね。

アコースティックだけど、振り幅のある一枚ですね。

アコースティックアルバムだと思って聴いた人にそればかりじゃないっていうか、“アコギでこんなことができるんだ!?”っていうものを感じてもらえるような、アコースティックに留まらない進化したアルバムが作れたと思いますね。
『アコギタクイ ー記憶再生ー』
    • 『アコギタクイ ー記憶再生ー』
    • EPCE-5871
    • 2012.06.27
    • 2500円
中島卓偉 プロフィール

ナカジマタクイ:1999年10月21日、シングル「トライアングル」 でデビュー。ソロでありながらロックやパンク、バンドにこだわったサウンドメイクといった楽曲のみならず、ファッションひとつからも随所に施されたブリティッシュテイストは、UKロックへの敬意を感じさせる。06年、アーティスト表記をTAKUIから本名の中島卓偉に改めた。14年にはデビュー15周年を迎え、15年4月8日に通算15作目となるニューアルバム『煉瓦の家』をリリースした。中島卓偉 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着