L→R イイヅカ(Gu)、ミサキ(Vo&Ba)、タケイ(Dr)、サナキ(Vo&Gu&Key)

L→R イイヅカ(Gu)、ミサキ(Vo&Ba)、タケイ(Dr)、サナキ(Vo&Gu&Key)

【yEAN】メンバーそれぞれが光ってい
るバンド


取材:ジャガー

シンセと生音が心地良い音色を紡ぎながら浮遊感を生み出している1stミニアルバム『4C』なのだが、ライヴではより楽器陣のサウンドが生々しく強調され、まったくの別モノとして昇華されている。

「作品から僕らのことを知ってくれた人は意外に思うかもしれませんが、もともとyEANはライヴバンドなんですよ。4人ともライヴへの意識がすごく高くて、ライヴになると“暴れたい!”みたいな気持ちが前に出るんです。常に何かやらかしたいというか(笑)。だから、『4C』も楽曲自体はそういう部分もあるんだけど、臨み方は“しっかりしました”っていう感じがしていて。自分自身、そういうライヴと作品とに差があるほうが好きなので、タイプの異なるyEANを楽しんでほしいです」(タケイ)

ライヴ、作品と違ったアプローチながら、どちらも心地良く耳に入ってくる。そして、作品は全体的なバランスが非常に良く取れており、ひとつの大きな流れとして聴くことができた。

「全体を把握できるのがサナキくんなんですけど、曲の流れとかを読むのがうまいんですよ。自分ではあまり全体を見ることができないから、すごいなぁって思いましたね」(タケイ)
「タケイさんやミサキさんが基となる曲を作って、それをサナキくんがアレンジする。先陣を切って、いろいろ試していくのが面白いですね。上がってきたアイデアをメンバーで話し合いながら最終的なかたちにしていくから、サナキくんは指揮者みたいな存在です。特に『m.B.E.b』は最後がドラマチックになっていく展開なんですけど、それをライヴで演奏している時が楽しい。ゆったりするところもあるから、お客さんひとりひとりの顔がちゃんと見れるのもいいですね」(イイヅカ)

また、今作を作るにあたり、改めてメンバー各々の個性が浮き彫りになったという。

「ミサキさんは歌詞で遊ぶんですよ。たぶん、自分の日常と“こうあったらいいのに”っていう理想の世界をごちゃまぜにして書いてる気がします。俺もサナキもメロディーは思い付くんですけど、歌詞はそこまで得意ではなくて。“このメロディーに合う歌詞って何かな?”って尋ねたら、すっと歌詞が浮かんじゃうような子なんですごいです。イイヅカさんは…まぁ、彼はライヴで活きるということで(笑)。メンバーそれぞれが光っているバンドを作りたくて結成したから、『4C』もバラエティーに富んだ内容になっていると思います」(タケイ)
yEAN プロフィール

ヤーン:2010年結成。千葉を拠点にライヴ活動を始め、15年4月に現在の6人編成となる。ポストロックやエレクトロ、パンクといったさまざまなジャンルを取り入れた音楽性が特徴の男女ツインヴォーカルロックバンド。16年7月、EP『BoyBoyBoyBoyGirlGirl!!!!』をリリース。yEAN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着